Yoyogi Jotaro の何だかよく分からないブログ

主にゲームブックについて語ります。他、北海道ネタ、ホリエモン、雑談など

盲目にも関わらずストリートファイターⅤのプロゲーマーを目指すオランダの青年を応援しましょう。

こんにちは。

ゲームブック投稿サイトの管理者です。

私は現在ゲームブックを制作してます。

それは、目が不自由で白杖を携える女子校生が、格闘ゲームのプロゲーマーを目指すというもの。

f:id:oniisann:20170712092952j:plain

白い杖の女子ゲーマー

格闘ゲームを始めとするeSportsと言えば、動体視力や1/60秒単位の凄まじい反射神経や、駆け引きが要求される世界。

目が不自由なのにそのプロを目指すという茨の道のストーリーが、果たしてリアリティに耐えうるのかと私には葛藤がありました。

が、そんな心配は杞憂に終わりました。

リアルに目が不自由なのに、ある大会で優勝した方が居るのですから!

compete.kotaku.com

その記事を端的に日本語化したのが下記のTweetです。

これに気付いたのはつい先程なんですが、私はショックでしたねー。

事実は小説より奇なりと言いますか。

先を越されたといいますか。

(しかも今更。4ヶ月は経過してますから)

それなりにゲームブックのプロットにはどんでん返しも盛り込んではいますが、自分はなんと考えが浅はかなんだと思わずにはいられませんでしたねえ。

まあでも、現実味を帯びたと思えば体裁はいいので、とにかく自分の作品も牛歩でもいいから書き上げようと思います。

さて今回のエントリでは、このオランダ青年の応援についてお伝えします。

 

目次

SVEN(スヴェン)

彼の名前はSven(スヴェン) 

彼はオランダ出身で幼いころからビデオゲームに熱中します。

ところが彼は5歳の頃ガンを罹い、失明してしまいました。

彼はもうゲームができなくなると失望したそうです。

ストリートファイターⅡがスーパーファミコンでリリース

そんな時、スーパーファミコンでストリートファイターⅡが出ました。 

スーパーストリートファイター2

スーパーストリートファイター2

 

これが音響が非常に優れていて、音だけで友達とゲームができたんだそうです。 

すごいですね。

Sven本人はもとより、制作したカプコンも、表現し得たファミコンも。

彼はどんどんのめり込み、強くなっていきます。

大会で優勝

彼はこの春ストⅤの大会「ソニックブームⅣ」に参加しました。

彼はケンを使っています。

竜巻旋風脚で相手の懐に飛び込み、昇龍拳や投げの連続技に持ち込むコンボを得意としています。

かと思えば間合いを取って波動拳で牽制し、相手の隙を伺います。

たとえ自分の体力が残りわずかでも悠然と立ち向かい、最後まで戦い抜くさまは勇気をもらえますね。

その結果見事優勝。素晴らしいことですね。

応援しよう

それで私もSvenの事をいろいろ調べてみました。

現在大会参加の経費を捻出するために、募金を募っています。

www.gofundme.com

www.paypal.me

私はhttps://www.gofundme.com/help-sven-the-blind-street-fighterの方で募金しました。

なけなしの10ユーロですけどね。(申し訳ない)

とりあえず目標が3,000ユーロ、日本円で40万程度ですからそんな大金ではないです。

プロゲーマーになるには大会遠征や様々な経費がかかりますからね。

私も彼の行動は自分のゲームブック制作に非常にインスパイアされますので、謹んで募金させて頂きました。

皆さんもぜひどうぞ。

まとめ

そんな感じで、今回私は「事実は小説より奇なり」と言うのを身をしみて噛みしめることができました。

皆さんも何か行動を起こそうと思いつつ、怠けたり躊躇っていると、追い越され取り残されていきますよ……。

頑張って自分を奮い立たせましょう!

 

以上、北海道からでした。

 

ホリエモンに会ってみたいなと思う方へ。その方法をまとめてみました。

こんにつは。

ゲームブック投稿サイトの管理者です。

筆者は自称ホリエモン評論家(?)を名乗ることもありますが、それなりに彼の著作などを読んでいます。

別に筆者は彼を尊敬しているとかあんまりないんですけど、彼の言動は非常に有用なヒントを与えてくれるので注目しています。

なので、彼のTwitterや755を眺めていると、意外に彼と会ってみたい、と言う人が多いんですね。

怖いもの見たさなのか、ミーハーなのか、あるいは心底経営者やビジネスマンとして尊敬しているからなのか。

でも、気安く彼に「会うためにはどうしたら良いですか?」と聞いて煙たがられている様子を見かけます。

このエントリではそれを踏まえ、彼に会う方法を提示してみたいと思います。

 

目次

だが断る

彼が知らない人に会いたがらないという確認のトークがこちらになります。

※755の引用コードを添付したいのですが、はてなブログではなぜか書き換えられてしまってうまくいかないため、堀江貴文の一人なんでも言って委員会 | 755より、やむを得ずスクショさせていただいています。

f:id:oniisann:20170727095656j:plain

f:id:oniisann:20170727095659j:plain

f:id:oniisann:20170727095705j:plain

f:id:oniisann:20170727095710j:plain

f:id:oniisann:20170727095716j:plain

これは有名人で、お金を持っていそうというイメージが世間に定着している人ならではの返事ですね。

まず我々一般人も

いい気分で飲んでいるところを見知らぬ人に話しかけられたくない

と言うのは想像できることでしょう。

あなたが飲んでいるところに、全然知らない人に馴れ馴れしく話しかけられたらそりゃ嫌ですよね?

盲点が良からぬことを企てている輩にスキャンダルを狙われていると言うところ。

なるほど。有名人は辛いんですね。

有名税なんて言葉(それも変な考えですが)では片付けられない自衛のための手段。

皆さんも、野生のホリエモンを見かけてもそうっとしておいて下さい。

シカトされ、嫌な顔をされ、あなたも不快になるだけですので。

会い方

ではホリエモンに会う方法はないのか?

いや、ありますよ。

皆さんググってないだけなんです。

寿司会

一番いい方法はこちら。

10万とか12万とかしますけど、お金を払えばホリエモンと一緒に寿司を食い、お酌もしてもらえるイベントがあります。

salon.teriyaki.me

ホリエモンと全く面識のない方でも10万~12万位(注意:第40回寿司会では12万だったので、金額はご自身でご確認下さい)払えば彼に会えます。

10万も払えるか!

とおっしゃる方は、別にホリエモンと会いたいと思ってない人です。

冷やかしとか、ちょっとした好奇心とか、大して思ってもいないのに話のネタで会ってみたいという程度の気持ちなんですから、ホリエモンと会うのは諦めましょう。

これは考えようなんですね。

孫正義さんほどの方でも無名で実績もない高校生だった頃、当時の著名なマクドナルド日本法人の藤田田さんと昼食をともにする機会を得るには連日受付の方に煙たがれても「会わせて下さい」と通い詰めるしかなかったんですから。

でも当時孫正義さんは久留米大学附設と言う超有名進学校在籍でしたからね。

あなたもそれくらい何かに長けているものはありますか?

別に勉強じゃなくていいんですよ。

孫正義さんはその時に「自分は渡米するが学ぶのに何が有望な分野か」を尋ね、藤田さんから「誰も気付いてないが、コンピュータだ」とアドバイスを貰い、見事成功しましたね。

質問力もないとせっかくの敏腕経営者からのアドバイスも無駄になりますよ。

本当に世間話で終わっていいんですか?

10万払うからこそ、真剣にかつ自分に有益な質問を考えますよね。

HIU

正式名称は堀江貴文イノベーション大学校

大学と謳っていますが、堀江氏が手取り足取り講師として講義を展開するのではなく、トレーニングジムのようなイメージが近いそうです。

主にメンバーどうして様々なグループに参加し、そこで各々の目標や課題に取り組み、実現していくというサロンです。

学祭のノリでいろいろなイベントをグループ単位で行い、たまにホリエモンから助言を貰えるサークル活動みたいな感じでしょうかね。

実のところ筆者は参加経験がないので、上記に述べたことはイメージに過ぎません。

なので興味のある方は参加してみて下さい。

堀江貴文 イノベーション大学校 感想

などと言うキーワードでググれば実際に参加した方の感想のブログ記事などにたどり着けるでしょう。

会費は1ヶ月10,800円です。

それも高いと思うか、安いと思うかは人によりますね。

著名人と会える機会もありますが、首都圏じゃないと恩恵に預かるのが難しいです。

筆者が参加していない主な理由も地理的に不利だからです。

筆者、道民です。(ホリエモンも道民だけど)

ネット社会で情報だけは国境をも超えますが、実際人と会うとなると首都圏にいるかどうかは重要な要素です。

番外編:ノーベル賞を取る

はい。

これは無謀ですけど一応ホリエモンと会うと言う方法についてですから触れておきます。

ホリエモンはとりわけ科学分野で実績をあげている人に会い、対談しています。

そうです。

今までと違い、ホリエモンが会いたい人というのがこういう方々。

彼はノーベル賞クラスの研究を行っている方、とりわけ物理学、化学、生理学・医学分野の方には積極的に対談を行っています。

weblog.horiemon.com

なので、あなたがそれクラスの研究を行い、実績を出していればそのうち彼の方からお声がかかりますよ。

頑張りましょう。

まとめ

ホリエモンと会うのはノーベル賞クラスの実績を出す以外は、実は簡単です。

でもその前に、あなたが彼と会うことがあなたにとって価値のあることなのか。

今一度考えましょう。

そしてその多くは、彼の著作を読むだけでも解決するのでは? 

多動力 (NewsPicks Book)

多動力 (NewsPicks Book)

 

↑例えば電子書籍なら1400円を支払うだけで今すぐに彼の思考を覗くことが出来るのです。

 

以上、北海道からでした。

 

カナダでかくない? さらには英国女王がカナダの君主を兼ねてるって知ってました? 初耳で済みません。

こんにつは。

ゲームブック投稿サイトの管理者です。

最近は会話形と言うかチャットフィクション型(?)のゲームブックを牛歩のごとく書き進めています。

つい先日英語のゲームブックを制作してイギリスのテキストアドベンチャー投稿サイトに短編をアップしました。

その時に目からウロコな発見をしてしまいましたのでご報告したいと思います。

 

目次

投稿作品

先日、こちらの作品を(英語で)アップしました。

https://media.textadventures.co.uk/coverart/de7414fb-477f-47f8-9c22-c33e19f098b3.jpg

A Rainy Day - Play online at textadventures.co.uk

そして、リンクにGoogle URL Shortenerを利用し、

  • アクセス数はどうかなあ
  • どの国から閲覧されているのかなあ

とほのぼのと眺めておりました。

すると、アメリカの北部に位置する国からアクセスがありました。

カナダでかい!

そうなんですよ。カナダです。

  • カエデの葉っぱとか
  • USAの北部とか
  • 公用語は英語とか
  • カーリー・レイ・ジェプセンやジャスティン・ビーバーの出身地だとか

その程度しか筆者には認識がありませんでした。

が、次の瞬間、筆者の知らないカナダがその神秘を露わにしました。

f:id:oniisann:20170722222236j:plain

↑はい。こちらが確認の画像です。

注意深く印を付けてみましょうか。

f:id:oniisann:20170722222313j:plain

↑はい。ここまでがカナダだそうです。

でかくね?

北海道も11都府県よりも大きいとはよく言われますが……。

でも先に提示した世界地図ではその比じゃないですよね。

そう思ってググりますと、

f:id:oniisann:20170722222856j:plain

 

Wikipediaにはこう載っていました。 

f:id:oniisann:20170722222905j:plain

カナダ イギリス連邦加盟国であり、英連邦王国のひとつ。北アメリカ大陸北部に位置し、アメリカ合衆国と国境を接する。首都はオタワ(オンタリオ州)。国土面積は世界最大のロシアに次いで大きい。

何と……。

世界最大のロシアに次いで大きいですと!

要するに世界第二位ってこと?

凄いですね。 

一番じゃなきゃダメですか?

一番じゃなきゃダメですか?

 

一番じゃなきゃダメなんでしょうか?

いえ、いんじゃないですかね。

君主はエリザベス2世!?

そして、何の気なしに読んでおりますと、

イギリス連邦加盟国であり、英連邦王国のひとつ。

とあるではありませんか。

f:id:oniisann:20170722223653j:plain

↑で、Wikipediaをよく見ますと、女王のエリザベス2世ってなってますよね。

そこをクリックするとエリザベス2世は

2016年現在の今日においては、(現在まで存続している)前述の4か国(イギリス、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド)に加え、ジャマイカ、バルバドス、バハマ、グレナダ、パプアニューギニア、ソロモン諸島、ツバル、セントルシア、セントビンセント・グレナディーン、ベリーズ、アンティグア・バーブーダ、セントクリストファー・ネイビスが女王を君主としている。こうしてエリザベス2世は、合計16か国の君主を兼ねている。

16カ国の君主でもあらせられるのですね!

いやあ~~凄い。

目からウロコ。

そして、本当に申し訳ありません。

筆者はこの事実を初めて知りました

初耳学です。

林先生が驚く初耳学! (1)

林先生が驚く初耳学! (1)

 

多分世界史を学んだ方なら常識なんでしょうね。

今なら小学生でも知っているかもしれませんね。

不勉強を恥じております。

まとめ

そんな感じで海外のサイトにゲームブックを投稿すると目からウロコの発見がありますので、ぜひあなたもどうぞ。

ちなみに筆者は下記の作品も投稿しています(未完成で追記中)

ひとつよろしくお願いいたします。

f:id:oniisann:20170712092952j:plain

JK Gamer with Blind

以上、北海道からでした。

 

さて、あなたはどうする?
GameBook.xyzへもどる→1
Googleへ行く→14