Yoyogi Jotaro の何だかよく分からないブログ

主にゲームブックについて語ります。他、北海道ネタ、ホリエモン、雑談など

薬は出来る限り飲まない方がいんでない?

体調が悪い時、病気になった時に人は薬をのみます。

あるいは病院に行くかもしれませんね。

そしてお医者さんに「やはり大丈夫ですが念のため薬を出しときましょう」と

言われますよね。

でも、薬には必ず副作用が伴います。

果たして薬をのむことによる 効果>副作用

を理解の上で服薬していますか?

 こちらの本を読了しました。 

薬が病気をつくる ~薬に頼らずに健康で長生きする方法

薬が病気をつくる ~薬に頼らずに健康で長生きする方法

 

 薬剤師が書いた本なので、本音が伺えます。

自社製品は使わないというメーカーの方もいると

いう話は良く聞きますよね。実情を知っているからそれを

使うと期待した効果以上に弊害が出るから、と。 

で、薬に話を移すと、それも真なりとの事です。

 

筆者はこんな本も書いています。

薬剤師は薬を飲まない (廣済堂新書)

薬剤師は薬を飲まない (廣済堂新書)

 

 

薬を飲むことによって、痛みや症状は抑えられるでしょう。

でもおかしくありませんか?

なぜ痛みや苦しみが生じているのですか?

それは正常な身体からの信号であるはずです。

それを抑えてしまったら、本来「痛み」と言う機能を

妨げていることになります。

 

大切なのは、人間には元来「自然治療力」があると言うことです。

食べないで、寝てる。

それが一番病気を治す近道なのです。


船瀬俊介『クスリは飲んではいけない!?』ダイジェスト版ワールドフォーラム2010年06月 - YouTube

 

でもそれだと患者は病院にもいかないし、薬も飲まない、

X線も受けたがらない、ましては手術をしない……。

 

医療関係者さんから見れば、おまんまの食い上げですものね。

 

「病院に行きましょう」

「健康診断を受けましょう」

 

それは医療関係者の方々からの「営業行為」です。

そのサービスが必要かどうか、医療関係者に尋ねてはいけません。

 

自分の「身体」に聞きましょう。

さて、あなたはどうする?
GameBook.xyzへもどる→1
Googleへ行く→14