読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Yoyogi Jotaro の何だかよく分からないブログ

主にゲームブックについて語ります。他、北海道ネタ、ホリエモン、雑談など

「にゃんたんのゲームブック」が届いたのでプレイしてみたレビュー・感想

皆様こんばんは。こちらが届きました。 

にゃんたんのゲームブック (ポプラ社の小さな童話―にゃんたんシリーズ)

にゃんたんのゲームブック (ポプラ社の小さな童話―にゃんたんシリーズ)

 

想像以上に素晴らしい出来でした。

かなり昔に発行されたゲームブックですが今でも十分児童書としてベストセラーになりうるほどのレベルです。

とにかく完成度が高い……。素晴らしい作品ですよ。

ゲームをしていたにゃんたん。

画面上のピーチ姫みたいなプリンセスが
クッパ大王みたいなキャラにさらわれたので、
助けて、と呼ばれ、にゃんたんが画面に
入っていけるところが面白いです。

f:id:oniisann:20150430173059j:plain

 

パラグラフは55で、ほぼ2択で進んでいくんですけど、
いわゆるバトルの代わりに迷路をたどることになっています。

f:id:oniisann:20150430173137j:plain


で、迷路のゴールが2択の分岐となっており、
また途中の迷路で拾わなければならないアイテムも
あったり、避けなければいけないモンスターがいたり、
かなり頭を使います。


それでいて、ゲームオーバーになっても
いわゆるコンティニューが出来ます。
若干物語を戻されますが、最初からではないので
かなり良心的な作りとなっています。


選択肢によってはいつの間にか
戻っている場合もあり、55パラグラフの量にしては
ゴールまで解くのに十分楽しめる構成になっています。

 

作中、物語はすべて漫画で進み、
文章を読むということはありませんが
物語は空、海、宇宙など…舞台があらゆるところに
及んでいるので大変に楽しめます。

f:id:oniisann:20150430174157j:plain


児童用の謎解きも散りばめられ、
これなら子供が夢中になるのは無理もありません。
大人がプレイしても十分楽しめるほどなのです。
にゃんたんはあるものを食べるとパワーアップしたり、
逃げたり、その場に設置されている武器をつかったり、
スーパーマリオみたいな活躍ができるところが
子供が読んでいる時に自己投影できて
爽快感を得ることでしょう。

パズルを解くと言う点で、子供の頭の体操に
なる上に面白いというエンタテイメント教材なので
父母、祖父母からの『こどもの日のプレゼント』
としてもいいのではないでしょうか。

愛嬌あるキャラクターも沢山登場するので
子供は夢中になることでしょう。
アンパンマンみたいなアプローチだと思います。

素晴らしいシステムですね。
漫画+ゲームブックと言う形も
今後もっと注目されて良いでしょうね。

f:id:oniisann:20150430173213j:plain

※裏表紙はこんな感じです。姫と仲間

 

2015年11月1日追記

にゃんたんのゲームブックのオマージュ作品「ぴょんたんのなぞなぞゲームブック」と言う作品があります。無料で親子で楽しめる作品ですので、ぜひプレイしてみてください。

GameBook.xyz – ぴょんたんのなぞなぞゲームブック

http://gamebook.xyz/wp-content/uploads/2015/10/135886.jpg

以上、北海道からでした。

f:id:oniisann:20150724071830j:plain

 

さて、あなたはどうする?
GameBook.xyzへもどる→1
Googleへ行く→14