読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Yoyogi Jotaro の何だかよく分からないブログ

主にゲームブックについて語ります。他、北海道ネタ、ホリエモン、雑談など

海外のゲームブック事情がヤバイことが判明。盛況なのはCYOAとファイティング・ファンタジーだけではない!

こんにちは。

ゲームブック投稿サイトを運営しているものです。

さて、先ほどこのようなエントリを書きました。 

blog.gamebook.xyz

それで英語のWikipediaでGamebookの項目を読みましたが

物凄く複雑で情報量が多く、ビックリしましたわ。

現段階で判明したgamebookと言われる名作シリーズは

  1. Choose Your Own Adventure
  2. Fighting Fantasy
  3. Advanced Fighting Fantasy
  4. Lone Wolf
  5. Legends of Skyfall
  6. Way of the Tiger
  7. Give Yourself Goosebumps
  8. Grailquest

まあ、ざっとこれだけ有るんですね。

探せばもっと出てくると思います。

日本で有名なのは

1のChoose Your Own Adventure

「きみならどうする?」シリーズ、

2のFighting Fantasyの

火吹山の魔法使いをはじめとするシリーズですね。

そのFighting Fantasyシリーズも

3の様にAdvanced Fighting Fantasyが存在し、

4のLone Wolfシリーズは28巻を数え、

世界中で900万部発行されたようで

Fighting Fantasyと人気を二分するほどです。

更に凄いのは、ネットで無料で開示されてるですよ。

Project Aon: Main / Home (browse)

大したもんですわ。無料で遊べますよ。

でもこれ、日本語訳して日本で売れないですかね?

何で日本に入ってこなかったんだか?

と思ってひたすらググったら日本版もありました。 

ローン・ウルフ (1) (ホビージャパン・ゲームブックシリーズ)

ローン・ウルフ (1) (ホビージャパン・ゲームブックシリーズ)

  • 作者: ジョー・デバー,ガリー・チョーク,戸田由美
  • 出版社/メーカー: ホビージャパン
  • 発売日: 1986/08
  • メディア: 新書
  • 購入: 1人 クリック: 1回
  • この商品を含むブログを見る
 

知らんかったなー。 

一応日本語のWikipediaのゲームブックにも

記述はありますが、情報量が少なさすぎです。

はい。そして5のLegends of Skyfallは文字通り

Skyfallと呼ばれる惑星で読者は孤高の冒険者となります。

そこは死滅しつつある惑星から逃げてきた人類により

コロニー化された場所のようです。

戦闘システムが一風変わっていて、

Fighting FantasyやLone Wolfがサイコロを使うのに対し、

コイントスで乱数を決めるそうです。

6のWay of the Tigerは何だかぶっ飛んだ

感じが良いですねえ。 

Ninja! (Way of the Tiger gamebook Book 0) (English Edition)

Ninja! (Way of the Tiger gamebook Book 0) (English Edition)

 

↑ま、こんな感じですからね。

「Ninja! 」ですからね。ビックリマーク付きで。

Amazonの内容説明を筆者の英検2級レベルで訳すと、

俺は夜更けに姿を消してやる。

身体を木や石に変える。

地中に潜り込み、

壁と鍵の掛かった戸を歩くぜ。

何度殺されようと蘇えるのさ。

随分忍者のことを詳しく研究したようですね。

筆者も忍者にそんな能力が有るとは知りませんでした。

7は子供用のホラー系のゲームブックです。

50冊位シリーズが出てるようですから、

日本の「にゃんたん」よりも巻数が多いです。 

そして8は日本でも人気のグレイルクエスト。

「14へ行け」ですね。

で、このようなゲームブックを網羅した

個人のサイトがあるんですよ。

Demian's Gamebook Web Page

↑これですね。

結構な頻度でWikipediaからリンクが張られています。

 

 

さて、あなたはどうする?
GameBook.xyzへもどる→1
Googleへ行く→14