読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Yoyogi Jotaro の何だかよく分からないブログ

主にゲームブックについて語ります。他、北海道ネタ、ホリエモン、雑談など

ロードス島戦記オンラインがリリースされたのでプレイしてみました。MMORPG? 美味しいの? という方にお勧めです。

こんにつわ。ゲームブック投稿サイトの管理者です。

最近はゲームブック作成にもためになるので意図的にいろいろなゲームに触れるようにしています。

すると、こんな作品を見かけましたよ。

へえ、RPGは相変わらず盛況だなあと思っていたら、動画紹介にこの御方が!


MMORPG『ロードス島戦記オンライン』 スペシャルムービー short ver.

グループSNE代表の安田均先生が登場しているではありませんか!

そんなすごい作品だとはつゆ知らず、ググりました。

Wikipediaを要約すると

  • 日本のファンタジー作品
  • 水野良先生の小説が原作
  • 多岐に渡るメディアミックス化されている
  • OVAアニメ化
  • 家庭用ゲームソフト化
  • テレビ東京でTVアニメシリーズ化

と言う、凄いコンテンツらしいですねえ。

ヤバイ……。今知ったわ。  

新装版 ロードス島戦記    灰色の魔女 (角川スニーカー文庫)

新装版 ロードス島戦記 灰色の魔女 (角川スニーカー文庫)

 
ロードス島戦記三昧 アニメDVD付き特装版

ロードス島戦記三昧 アニメDVD付き特装版

 

凄いですね。これはやってみない訳にはいかないでしょう。

目次

MMORPG?

筆者は初期の頃のドラクエやファイナルファンタジー以降、ゲームからは離れていました。なのであんまり良くRPGを知りません。

RPGもいろいろジャンルが派生してきたようで、MMORPGと言うものがあるそうですね。それもかなり歴史が古いとのこと。(筆者どんだけ疎いんだ)

「大規模多人数同時参加型オンラインRPG」? 

ユーザーが多数同じゲーム上にアバターのように参加し、リアル社会のようにゲーム社会の中で冒険を繰り広げるといった感じでしょうか。

そのため、死んだらセーブしたところからやり直し、と言うことも出来ずペナルティを払ったうえで復活とか、ゲーム内では参加云々に関わらず常に時は刻まれ続けていると言う状態のようですね。

初めてプレイする筆者にしてみれば斬新で凄いゲームだと思います。

導入が大変

で、早速始めようと思ったら結構導入の敷居が高いですね。

f:id:oniisann:20160406155732p:plain

このように、「しばらくお待ち下さい」となっているんですけど

f:id:oniisann:20160406155751p:plain

筆者は初回プレイでは黄緑色のボタンを押してプラグインのダウンロードをして、赤いボタンの「再ゲームスタート実行」をしなくてはダウンロードされませんでした。 

f:id:oniisann:20160406155907p:plain

インストーラーが起動して、フォルダの設定後、赤の「インストール開始」ボタンをクリック。

f:id:oniisann:20160406160016p:plain

ダウンロードを開始しますが、これが長い!

ダウンローダ走らせて胸ときめかせロードを待った
アドベンチャーの画面変わると俺たちまたまた待たされる 

何だかそんな歌も聞こえてきそうな……。

f:id:oniisann:20160406160509p:plain

しかも筆者のWindows7からはこういう警告が。

セキュリティーとか厳しいんですね。

f:id:oniisann:20160406160828p:plain

ダウンロードしている最中に、ゲームガイドを読むと良いでしょう。

画像入りでわかりやすく書かれています。

f:id:oniisann:20160406161242p:plain

筆者が結構重要と思ったのは、モンスターの名前の色の区別。

自分より強い黄色・橙色・赤色のモンスターは要注意ですね。

ゲームスタート

f:id:oniisann:20160406161459p:plain

ダウンロードが終わりました。いよいよゲームスタート!

f:id:oniisann:20160406161652p:plain

するとワールド選択のダイアログボックスが。

おそらくサーバーの事を指すんでしょうね。快適な通信環境を探すことが出来るようです。現在どれも快適のようです。

f:id:oniisann:20160406161836p:plain

続いて冒険者登録。三名まで可能です。

好きな名前を入力できますが、すでに他のユーザーに使われている名称はエラーとなります。適当な名前にしちゃいました。

f:id:oniisann:20160406162150p:plain

それでは早速ゲーム開始と行きましょう。

プロローグ

f:id:oniisann:20160406162258p:plain

冒頭のプロローグシーンは何枚もの描き下ろしの画像が出てきます。そして物語の朗読つきです。ナレーターはとても声がいいですよ。(当たり前か)

f:id:oniisann:20160406162458p:plain

凄い重厚感ですね。原作が大ヒット小説で様々なクロスメディアが派生しているだけあって壮大なストーリーと世界観です。

画面構成

f:id:oniisann:20160406162619p:plain

 ゲーム画面も凄いですね。

そうだなあ……昔懐かしいイースやソーサリアンと言った感じがありますね。

無論画像・動作・音楽・音響のすべてが著しく進化していますけども。

細かく草木や花、行き交う人々がいきいきと動くんですよね。

たまに喋ったりするし。

f:id:oniisann:20160406163011p:plain

冒頭でチュートリアルの有り無しを選べます。

初心者は「進行」慣れている方は「スキップ」で決まりですね。

f:id:oniisann:20160406163408p:plain

初めての登場人物「アリエン」と筆者のキャラとの出会い。

犬がいい仕事をしてくれます。

f:id:oniisann:20160406163530p:plain

自ずとギルドとへ導かれます。ギルドとは同じ目的を持った仲間。

サークルとか部活とか団体とか、そのような括りと考えてもいいでしょう。

いろいろと操作方法やゲームシステムについて様々な登場人物が立ち代わり入れ代わり詳しく手取り足取り教えてくれます。

f:id:oniisann:20160406183538p:plain

ギルドの外へ出ると様々な通行人と出会います。

Aの位置にマップ、Bの位置に様々な情報が表示されます。

f:id:oniisann:20160406183858p:plain

マップには「QUEST」と表示され、向かうべき場所を示してくれます。

f:id:oniisann:20160406183929p:plain

どのようなことをすべきかなどはこの情報で詳細が分かります。

バトル

f:id:oniisann:20160406184149p:plain

町を出てクマと戦っている図。

マウスポインタを敵に合わせてクリックすれば自動で攻撃を始めます。

f:id:oniisann:20160406184223p:plain

で、結構マヌケなのが突っ立っているだけだと、全然襲われることがないのです。

こちらから攻撃を仕掛けないかぎりはやられません……。

害意のない動物や亜人種をやっつけるのは相当抵抗あるなあ……。

f:id:oniisann:20160406184443p:plain

はい、そしてあるのユーザーのキャラがクマと戦っているところを筆者のキャラが見物し、さらにべつのユーザーのキャラがその場を駆け抜けていく図です。

シュールだなあ。

まとめ

MMORPGをやったことがない、という方にもとっつきやすいと思います。 

そして、ロードス島戦記を全く知らずともすんなりと物語とゲームを楽しむ事が出来るように配慮されています。

丁寧なチュートリアルや、マップや情報の表示で本来複雑で膨大なストーリを味わうことの出来る配慮と工夫が盛り沢山です。

画面や音楽、そしてCVも世界観を盛り上げてくれますよ。

キャラクターの特徴もひとりひとり個性があり、出会った人物がリアルに感じられることでしょう。

マシンスペックが弱くても、課金無しで無料でも十分に楽しめると思いますよ。

おすすめです。あなたもどうですか?

 

以上、北海道からでした。

さて、あなたはどうする?
GameBook.xyzへもどる→1
Googleへ行く→14