読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Yoyogi Jotaro の何だかよく分からないブログ

主にゲームブックについて語ります。他、北海道ネタ、ホリエモン、雑談など

山林7歳男児行方不明事件。しつけとして置き去りにされ大事になってしまいました。防ぐ手立てはなかったのでしょうか。

こんにちは。

ゲームブック投稿サイトの管理者です。

f:id:oniisann:20160530120828j:plain

筆者は道民ですし、男児の父親でもあるのでこのニュースには心が痛みます。

いろいろご意見はあると思いますが

どうしたら防げただろう?

その事について考えてみたいと思います。

 

目次

しつけについて

男児を置き去りにした理由は「しつけ」のため。

石を人に投げる

と言う行為をしていたからだそうですね。

筆者の思いつく方策としては

  1. 口頭で注意する
  2. インセンティブに訴える
  3. 体罰以外の罰を与える
  4. 体罰を与える

と言う4段階が考えたいと思います。

で、段階が上がるほど厳罰化すると想定しています。

1 口頭で注意する

普通に

人に石を投げるんじゃない。怪我をしたら大変だろう

と諭すことです。

これだけでも多くの7歳児なら理解できるかと思います。

とりわけ他人にも影響する行為なので子供とはいえコニュニケーション能力の高い子ならこれだけで理解します。

もちろん理解できない子もいますし、同じ子供でも気分や状況によって変化します。

で、筆者が有効だと思えるのが次の方策です。

2 インセンティブに訴える

二つのアプローチがあろうと思います。

まずは1の延長で相手の気持を説くことです。

具体的には

お前も石がぶつかったら痛いし、怪我をするだろう。

それは嫌だろう。

自分が嫌だと思うことを人にしてはダメだ。

その人から嫌われるし、悲しませるし、怒られてやり返されるかも知れないだろう。

と言う他人視点からのアプローチです。

それと別のアプローチ、これは特に男児に有効ですが、「正義の味方」「悪いやつ」の例を提示すると良いと思います。 

仮面ライダーゴースト テレビ主題歌 我ら思う、故に我ら在り(CD+オリジナルゴーストアイコン(玩具))

仮面ライダーゴースト テレビ主題歌 我ら思う、故に我ら在り(CD+オリジナルゴーストアイコン(玩具))

 

具体的にはこの年齢だと恐らく仮面ライダーは卒業しているのでウルトラマンとかガンダム、ポケモンでの敵味方に落としこむと良いでしょう。

例えばウルトラマンは人々を恐怖に陥れる怪獣をやっつけます。

石を投げるお前は人々を困らせている怪獣と同じじゃないか。

ウルトラマンにやっつけられるぞ。

ウルトラマンになりたいんじゃなかったのか。

全く反対のことをしている。

むしろ人に石を投げるような悪いやつを「やめろ」と言うのがウルトラマンだ。

と言う感じで説得したら効果てきめんだと思います。

多分ここまでの説得で7歳児なら十分抑止力に繋がると思います。

それでも石を投げる行為に至るなら全く別の原因を考えなきゃいけないと思います。

3 体罰以外の罰を与える

f:id:oniisann:20160530120954j:plain

具体例は誕生日やクリスマスプレゼントなし、お小遣いやお年玉なし、おもちゃお菓子買ってあげないなどでしょう。

4 体罰を与える 

人

 

これは後腐れがないように、金八先生のように体罰をした後にギュッと抱きしめるなど、フォローを忘れてはいけないでしょうね。

虐待の可能性

その可能性も示唆されていますね。


高橋優 「こどものうた」

これを防ぐ手立てについては筆者も考えが至りません。

流石に小中学生が親の手から独立して考えたり行動を起こすことは大変に難しい。

児童相談所や小中学校に委ねられているのが現状でしょう。

本来親が悪いのに

児童相談所は何をやっていたんだ!

と罵るのは違うと思います。

子育ての環境は非情に厳しい現実に晒されていると言わざるを得ません。

子育ての環境

今回両親の「しつけ」が行き過ぎていると言う批判が多いかと思います。

確かに行き過ぎていますね。

じゃあどうして行き過ぎたのか。

その原因を少し考えてみませんか。

筆者も男児を育てた経験や環境を鑑みると、先程も書きましたが

子育ての環境は非情に厳しい現実に晒されている

んですね。

例えば

保育園おちた日本死ね!

と言われるほど保育園の需要が高いのに、

子供の声がうるさい

と言う意見がまかり通り、新規保育園の建設を断念したケースがありました。

年配の方々が多く住む住宅街だったので

静かに余生を送るためにここに引っ越してきたのに

と言う理由が散見されました。

お年寄りって孫が可愛い、子供が可愛いと思う人が多いと言う固定観念を持っていましたが、全然そうじゃないんですね。

実際筆者も自分の親を見ていてもそうなんですよ。

年配の方って子供好きじゃないんですよ。

で、今選挙権を一番持っている層が年配の方。

だから子供にしわ寄せが行っているんです。

パートナーと共謀

子供が虐待されると言う境遇も、母親が離婚してパートナーが変わると

別れたアイツの子だ

と言う思惑が働くのか、パートナーと共に我が子を虐待するケースが跡を絶ちません。

それなら施設に入ったほうがまだ子供にしてみればマシじゃないでしょうか。

母親だって自分の子が好きじゃないなら施設に預けると言う手段を選べるなら、虐待という最悪のケースだけは避けられるのでは。

そして世の中子供が欲しくても出来ないので妊活をする方もいる。

あるいは若いころはキャリアウーマンで、気づいたら子供を生むのが難しい年頃。

でも子供を養うだけの仕事は出来る、という方は養子縁組が出来ると良いんじゃないかなあと。

血が繋がらないからこそ、絆が深まっているケースも見かけますよね。

まとめ

家族という枠組みがもっと自由になっていい時代が来ているんじゃないですかね。

夫婦別姓も当たり前にしていれば女性が離婚を期に困ることもないだろうし。

親に捨てられた薄幸な子も、拾う親が居てくれれば実の親以上の愛情を知ることでしょう。

もっともっと多様化を許容する世の中になって欲しいと思います。

 

以上、北海道からでした。

 

さて、あなたはどうする?
GameBook.xyzへもどる→1
Googleへ行く→14