Yoyogi Jotaro の何だかよく分からないブログ

主にゲームブックについて語ります。他、北海道ネタ、ホリエモン、雑談など

参院選・選挙で投票しませんでした。投票率54.7%ですいません。でも事前に期日前投票とは異なる「不在者投票」を知っていればね……と言う話。

こんにつわ。

ゲームブック投稿サイトの管理者です。

f:id:oniisann:20160711130407j:plain

昨日は選挙でしたね。

www3.nhk.or.jp

投票率は54.7%で約半数が選挙権を無効にしました。

その中に筆者も入っています。

すいません。

でも、やたらと

選挙に行こう!

と言うスローガンだけにとどまっていません?

それよりインセンティブに訴えるとか、もっと手軽に投票できればいいんだけど。

その言い訳をつらつらと書いてみたいと思います。

 

目次

ホリエモンも投票を棄権

今回はあのホリエモンも投票してませんでした。

詳細はこちら

weblog.horiemon.com

オツトメを済ませたとはいえまだ選挙権持ってないのかな?

とか憶測しましたが、面倒だったというのが実のところのようです。

そして次のTweetを見つけました。

何と! 期日前投票ではなくて、不在者投票と言う制度があるのですね。 

総務省|投票制度

  1. 住民票のある市区町村の選挙管理委員会に投票用紙などの書類を請求
  2. その時にどこの投票会場で投票するか伝える
  3. 郵送で届くので持参して現住所の市区町村の選挙会場に出向いて投票

大体こんな流れのようです。

郵送で必要書類を入手する必要があるので、1週間前には連絡しておきたいところですね。

筆者も単身赴任で住民票は現住所ではありません。

筆者はこの制度の存在を投票日の数日前に気づき、間に合わなかったのですよ。

最初からこの制度知っていればなあ。

選挙に行こう!

と言うスローガンはあってもいいですけど、

どうやったら有権者が投票しやすいか

と言う環境を整えるのは大事じゃないでしょうか。

筆者以外にもこの不在者投票の制度を知らない方も多いと思うんですよね。

単身赴任者やノマドワーカーも増えている昨今、選挙管理委員会は大変かもしれませんが、現状でもこの制度を利用するだけで投票率があがると思いますけどね。

イベントやれば

選挙ってこう、ただ投票用紙に名前を書くだけですよね。

確かに作業的には楽なんだけど、わざわざそのために外出ってやる気でないですよね。

それよりも

なんか面白いことやっている!

と言う方が外出する気も湧き上がってくるんじゃないでしょうか。

例えば札幌市などは市街地で割りと食のイベントとかやってるんですけど。

www.sapporo-autumnfest.jp

去年の「オータムフェスト」では220万人集まったそうですよ。

これがヒントですよ。

ここまで大規模じゃなくてもいいですけど、何かしらイベントがあればそれに乗じて皆さん出歩くんじゃないでしょうかね。

こじんまりとしていても「餅つき大会」でその場で出来立てのお雑煮やしるこが食べられるとか、餅つきを体験出来るとか。

f:id:oniisann:20160711130748j:plain

あるいは縁日みたいにしてもいいでしょうね。

その程度なら町内会でも頑張れば出来ることだと思うんですけどね。

スマホで投票はよ!

ま、あとは普通にスマホで投票出来るようにしたらいいですよね。

システムの開発費用や運用費はかかるでしょうが現状の会場費や人海戦術を考えると大幅に手間やコストを削減出来ると思いますけどね。

何でやんないんでしょう?

まとめ

投票率をあげることは大事です。

じゃあどうしたら投票率をあげられるか?

その議論が十分にされていませんね。

筆者の様に

投票したいけど住民票が今いる場所と違うからどうにもなんない

と言う方は多いと思います。

とりあえずは「不在者投票」を広く知らしめること。

そして「スマホ投票」にシフトしていくこと。

本当に投票率を上げたいならスローガンではなくて、実際にそういうところだと思います。

ぜひとも選挙管理委員会の皆様には考えて頂きたいところです。

 

以上、北海道からでした。

 

さて、あなたはどうする?
GameBook.xyzへもどる→1
Googleへ行く→14