読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Yoyogi Jotaro の何だかよく分からないブログ

主にゲームブックについて語ります。他、北海道ネタ、ホリエモン、雑談など

Kindle版ゲームブック二作が本日同時リリース! ゲームブックコンテスト大賞受賞作家の書き下ろし作品と国産ゲームブック最高峰作家の名作の復刻版!

ゲームブック小話

こんにつわ。

ゲームブック投稿サイトの管理者です。

本日、ゲームブックがリリースされました。

しかも二作同時ですよ。 

ぜひチェックして下さい。

 

目次

バリアントナイト

バリアントナイト: 魔眼の騎士 (幻想迷宮ゲームブック)

バリアントナイト: 魔眼の騎士 (幻想迷宮ゲームブック)

 

まず一作目は創土社ゲームブックコンテストで大賞受賞のゲームブック作家・松友健先生による渾身の書き下ろし。

松友健先生の代表作はこちら。  

blog.gamebook.xyz

「魔人竜生誕」が現代社会のヒーロー物であったのに対して、今回のバリアントナイトはファンタジーの世界観となっています。

舞台は我々とは異なる時間の軸にある異なる地球

無骨で荒々しい武士道を心得た猛者・主人公シンクルス=カルレオン(通称シン)は、いわばあなたの分身です。

でも表紙イラスト中央の武器を携える優男が彼だとは……。

f:id:oniisann:20161121102627j:plain

バリアントナイト ――魔眼の騎士―― - 幻想迷宮書店より画像引用。

印象が程遠いところはなかなかのフェイントです。

基本的にオーソドックスなRPG形式のゲームブックで、アドベンチャーシートの記入やバトルの展開が盛り込まれています。

でもそれだけじゃないですよ。

冒険を進める上で、血族や仲間など、いろいろな出会いがあります。

そのなかでの葛藤や熱い思いなど、人と人(それ以外も)との交錯が描かれているところも非常に注目ポイントです。

パンタクル1 

パンタクル1 メスロンサーガ (幻想迷宮ゲームブック)

パンタクル1 メスロンサーガ (幻想迷宮ゲームブック)

 

こちらの作品は国産ゲームブック最高峰とも言われるドルアーガ三部作を執筆した鈴木直人先生の作品のKindle復刻版です。 

blog.gamebook.xyz

↑ドルアーガに関するレビューはこちらをご参照下さい。

鈴木直人先生にはファンも多く、大変に人気の作品となっています。

↓過去に出版された創土社版パンタクルのAmazonレビュー評価も高いですよ。 

パンタクル1.01 (アドベンチャーゲームノベル)

パンタクル1.01 (アドベンチャーゲームノベル)

 

書籍版では1,296円。

それがKindle版となり、ハイパーリンクでパラグラフ遷移がクリック一つで簡潔に出来ることに加えて驚きの500円と言う低価格ですからね。

往年のゲームブックファン、RPG好きの方などもこの機会にAmazonポチしてはいかがでしょうか。 

そして着目点は「パンタクル1」 という表記。 

パンタクル〈2〉 (創元推理文庫)

パンタクル〈2〉 (創元推理文庫)

 

↑つまり原作はパート2もあるんですよ。

そしてこれを入手したいと思ってもプレミアムがついていてこのエントリ執筆時点で4,600円ですからね。

ちょっとお高いですよね。

それが幻想迷宮書店さんのパート2なら500円位でリリースされる可能性が高いですよね。

そのためにもゲームブックファン、パンタクルファンは1を買って応援しましょう! 

パンタクル1 メスロンサーガ (幻想迷宮ゲームブック)

パンタクル1 メスロンサーガ (幻想迷宮ゲームブック)

 

まとめ

そんな感じで幻想迷宮書店さんのますますの力投に期待が高まるばかりです。

ゲームブックを楽しむばかりではなく

自分でも制作してみたい!

という方は作品を応募してみてはいかがでしょうか。

gensoumeikyuu.com

ただし、クオリティは大変に高度なものを求められますので覚悟してくださいね。

クオリティはさておき、とりあえず作ってみたい! という方はこちらで。

f:id:oniisann:20161121103323p:plain

http://gamebook.xyz/

 

以上、北海道からでした。

 

さて、あなたはどうする?
GameBook.xyzへもどる→1
Googleへ行く→14