Yoyogi Jotaro の何だかよく分からないブログ

主にゲームブックについて語ります。他、北海道ネタ、ホリエモン、雑談など

世界初のゲームブックは女性二人によって書かれ1930年に出版された「Consider The Consequences!」という説

こんにつは。

ゲームブック投稿サイトの管理者です。

ゲームブックと言えば、1980年代に流行ったと言う印象が強いですが、初めての作品は「きみならどうする?」と思われてきました。 

サハラさばく気球旅行―きみならどうする? (ジュニアチャンピオンコース 53)

サハラさばく気球旅行―きみならどうする? (ジュニアチャンピオンコース 53)

 

筆者もこんなエントリを書いていました。 

blog.gamebook.xyz

ところが研究が進むに連れ、

テーブルトークRPGのソロシナリオとしては、リック・ルーミスにより1976年に発表された、トンネルズ&トロールズの「Buffalo Castle」が最初の作品とされている。

ゲームブック - Wikipedia(日本語版)より

と言われたり、 1941年ごろにシナリオが分岐する物語の可能性に示唆された作品が出てきたとか言われてきたのですが、ついに1930年に遡ることが判明。

筆者の英検二級レベルの英語力で訳すと

物語の人々:私は今新たに最古に知られるゲームブックを入手した。—それはこの二人の女性によって1930年に書かれた。

というではありませんか!

凄いですね。

 

目次

作品概要

先のJames Ryan (@xfoml)氏のTweetを辿っていくと、作者はDoris WebsterとMary Alden Hawkinsのお二人。

読者はHelenとJedとSaundersの三人の登場人物の役割を順に担い、選択肢を選んで読み進めていきます。

そして一人で遊ぶゲームとして、恋愛ゲームとして、一発芸として楽しめるみたいです。

で、凄いのが↑上記のようにフローまで表記されているんですね。

ある意味ネタバレしちゃいますけど、物凄く読者に親切のような気もします。

Helenが35で、Jedが18、Saundersが30ということで、合計83パラグラフ。

しかし一つ一つのパラグラフの分量が長いので存分に楽しめそうですね。

英語版Wikipedia

実は上記内容がすでに英語版のWikipediaには反映されています。

引用すると次のとおりです。(このエントリ執筆時点です)

The earliest known example of the form is Consider The Consequences! by Doris Webster and Mary Alden Hawkins.

凄いですねWikipedia。

blog.gamebook.xyz

ニュース速報でもないのにすぐさま反映。

Jアラートかよ。

実際に読んでみたい

英語版とは言え、実際に読んでみたくなりますよね。

そこでTweet発信者のJames Ryan (@xfoml)氏は、Twitterのアンケート機能を使って実際に選択肢を選んで読み進めると言う試みをしています。

最も古いゲームブックとして知られる「Consider the Consequences!」 を一緒にこのスレッドでやってみようや。それぞれの分岐点で投票を募るよ。

短い序章のあとで、私達の最初の選択は、どのキャラクターの物語を最初に演ずるか? あなたは下記のアンケートで投票できます。

 15分の投票期間で始めます。それが長すぎるか短すぎるか知らせてほしい。

そんな感じで読み進められています。

すでに投票はすべて終わっているので選択できませんが、どんな感じの物語か辿っていくことができます。

まとめ

1930年という時代に、すでにここまでの完成度の高いゲームブックを書き上げていたとは感嘆するしかありません。

Doris WebsterとMary Alden Hawkinsは、きっと選択肢を選び続ける物語の重要性を知っていたに違いありません。

筆者もぜひ微力ながら、その素晴らしさを世に広めていきたいと思います。

 

以上、北海道からでした。

 

さて、あなたはどうする?
GameBook.xyzへもどる→1
Googleへ行く→14