e.GameBook.Xyzのブログ

主にゲームブックについて語ります。他、北海道ネタ、ホリエモン、雑談など

10歳の少年革命家YouTuber「ゆたぼん」氏を大人がいじめる構図…イジメ、ダメ、ゼッタイって学校では教えてくれないのね。

こんにちは。

eゲームブックを推進しているものです。

人生は選択肢の連続。

だから選択肢のある物語、ゲームブックは素晴らしい…。

選択肢といえば今回は炎上して話題の10歳の少年革命家YouTuber「ゆたぼん」氏をテーマに筆を執りました。


【新聞載った!】ゴールデンウィーク終わっても学校行くな

彼は義務教育の小学生。

「学校に行かない」という選択肢を実践しています。

義務を怠っているのだから駄目だ

とか。

勉強しないで世の中変えるってw

とあざ笑う機運がなぜここまで盛り上がっているのか不思議ですよね。

その辺の事について書きたいと思います。

 

目次

義務教育とは

大方世の中の方の考えとは次のようなものかと。

  1. 小学生は義務教育
  2. 不登校は違反
  3. だから駄目

筆者もゆたぼん氏の炎上記事を見かける前は

どうかな?

と思っていました。

自殺を考えるほどのイジメに遭っているなら不登校は有効な選択肢。

でも彼は

「宿題で居残りさせられるのが嫌」

「生徒は先生の言いなり、それならロボットになってしまう」

という理由で不登校を継続中。

それが炎上の根拠とされてしまいがちですが、ちょっとググれば分かる話です。

例えば下記の記事によりますと…。

www.futoko.org

まとめると

勉強したいと考える子供に(例えば仕事を強いて)学校へ通わせない親は義務教育違反

となります。

今回本人が行きたくないと強く主張しているので問題はないのではないでしょうか。

それを知ったかぶりでコメントやTwitterで炎上させている大の大人は何なのかなぁ、はんかくさいなぁ、と思いますね。

※はんかくさい…みっともない、恥さらし、という意味の北海道弁

勉強の意味

勉強ってなんのためにするのでしょう?

結局はいい大学行って大企業に務めてって…。

要するに昭和の時代、課長島耕作がジャパニーズドリームだと言われていた頃の話ですよ。

課長 島耕作(1) (モーニングコミックス)

課長 島耕作(1) (モーニングコミックス)

 

今は令和ですよ。

平成も終わっちまいました。

日本がどれだけ経済停滞し、技術も中国に抜かれ、世界からスルーされるようになっているのを自覚できないのでしょうか。

ゼロベースで物事を考える、端的に言えば現状を否定するスキルが必要になってきているのですよ。

だからホリエモンはゼロ高校を創設したし。

zero-ko.com

この著作でちきりんさんも学校教育の是非を問うているのです。 

悩みどころと逃げどころ(小学館新書)

悩みどころと逃げどころ(小学館新書)

 

↑学校の落ちこぼれ梅原さんが世界でも有数のプロゲーマーになり、大手企業から講演依頼をうけていることも言及されています。

なんのために勉強するのか?

それはお金を稼ぐためですよね。

ゆたぼん氏のYouTubeチャンネル登録数はこのエントリ執筆時点で5,654人。

最多再生数18万で、1万再生超えの動画も20本くらいあります。

よほど底辺YouTuberより稼いでいますよね。

小学生でここまで稼げればええんちゃう?

学校行く必要ないじゃん。

行っている暇があれば動画に没頭してより完成度の高いものをアップロードすることに時間を費やしたほうが彼は間違いなく稼げるでしょうね。

炎上上等

炎上させている大人はあることに気づいていません。

何かわかります?

いいですか?

炎上しているんですよ?

YouTubeの評価も「高く評価」よりも圧倒的に「低く評価」が多い。


不登校は不幸じゃない!

↑例えばこの動画が一番再生数が多く、このエントリ執筆時点で

189,898 回視聴

高く評価 859

低く評価 1.2万

となっております。

それなのに動画投稿を継続している。

そうです。

彼の不屈の精神です。

どんな炎上にもめげずバネにしてむしろ再生数を積み重ねることに成功しているのです。

あんまり考えてない大人はそういう事に気づいてないのです。

彼が着々と再生数を伸ばし、動画の作成品質を徐々に上げ、成長していくことを。

いつしか彼の動画が百万再生に到達するようになって掌を返したように

ゆたぼんすげぇ~

小さい頃から応援してたよ

なんて間抜けなことを言うようになるのですよ。

今のうちにサインでも貰っていたほうが(そして有名になる頃にヤフオクで売ったほうが)いいのに。

それにしても10歳の少年を寄ってたかって大人みんなで炎上させるという虐め。

イジメは駄目だって学校で習わなかったんでしょうか。

そんな学校通うな!

選択肢を放棄

学校に行くと病む生徒は必ず一定数います。

無理して通うと思いつめて自殺に及んでしまいます。

それなら学校に行かないか、図書館にこもってもいいでしょう。

不登校を認めることははすなわち

君は学校へ行ってもいいし

行かなくてもいい

と同義です。

無論学校が楽しいという子もいます。

友だちに会える、勉強もしておきたい。

そういう子は行けばいい。

でも学校に意義を見いだせない子は無理して通う必要はない。

それだけのことですよ。

だいたいエジソンだって学校通ってませんからね。

それで電球を始めとする様々な発明を世にリリースしたのですからね。

炎上させている人たちは、自分が選択肢を選ぶことを放棄し、不満を持ちながらも現状をあるがままに受け入れ、鬱憤を晴らすために炎上させているだけです。

1万2千人にダメ出しされ、言動を否定されるコメントされる側の気持ちも知らずに。

でも859人は自分の言葉に賛同してくれていると理解し、世の中敵が多いけど味方がいないわけじゃない、だから頑張ろう、ということも肌感覚で分かっているんでしょうね。

毎日満員電車に揺られ客からの無茶ぶりにヘエコラし、上司に怒られ、趣味は赤ちょうちん。

会社をやめたいと思っていながら惰性で何も自分を変えることなくただ毎日をやり過ごしていく人たちと、批判を恐れず己の信念を貫く少年と。

どちらが凄いでしょうか?

まとめ

毎日を嫌だと思いながらも現状を続ける大人は気づいていないんです。

実は自分の前にも選択肢があるということを。

学校が嫌なら不登校。

会社が嫌なら退職。

たとえ1万人を超える人達に「そんなこととしちゃ駄目だ」「迷惑だやめろ」と咎められても自分のやりたいことをやる。

先生から言われたからやる。

上司から言われたからやる。

親から言われたからやる。

でもそれはあなたの人生でしょ?

自分の人生の選択肢、自分で選ばなくて本当にいいんですか?

ゆたぼん氏を避難している人たちは、自分がやりたいことができなくて、自分の弱さを露呈しているようにしか見えません。

選択肢を創ってください。

だから選択肢が連続する物語、ゲームブックが世の中に必要なのです。

 

以上、道民より東京からでした。

 

ゲームブックパラグラフシャッフラー制作日誌

こんにちは。

さあ、ゲームブックを創りましょう。

ゲームブック関連のいろんなサイトを運営しているものです。

今回はゲームブック制作に当たり、少しでもお役に立てればと制作したゲームブックパラグラフシャッフラーを

  • なぜ作ったのか
  • どんな想いで作ったか
  • 今後の傾向と対策

について語ってみたいと思います。

 

目次

ゲームブックとは

まずそもそもゲームブックというものを知らない方が大半でしょう。

ちきりんさんに筆者の活動について下記のようにご紹介Tweetをしていたのが印象深いです。

ほほ~。

ゲーム関連サイト

なるほど〜。

そんなふうに見えるんですねえ。

ま、ゲームブックはゲームと物語を足して2で割らない感じなんですけども、ゲームとして捉えてもらったほうが伝わりやすいのかもしれません。 

筆者は「選択肢を選び続ける物語」と(勝手に)定義しています。

が、多くは

1980年台に流行り1990年台には姿を消したと思わている、デジタル技術を使わずに主にRPGを模した書籍

という解釈が流布しているかと思われます。

そのため

紙と鉛筆、サイコロが必須で、ひたすらステータスを書き続け、ページを行ったり来たりめくりまくるという所作を読者が強いられる

と思われていることが多いのです。

少し具体的に説明しますと、まずRPGのゲームブックがあるものとご想像ください。

主人公は街を歩きます。
人と出会います。
色々なヒントや情報を集めることができます。

通常のRPGなら、電子機器で制御されているので冒険経過はすべて自動で保存してくれますね。

当然紙媒体の書籍ではそんな事できませんからーーそれを逐一メモするのですよ!

紙と鉛筆で。

情報が集まり、武装もしたいところですね。

ダガーを買います。鎧を買います。

盾もあったほうがいいでしょう。

その装備は?

はい。

書きますよ。

冒険記録紙というメモ用紙に。

街を出ますよ。

猛者共を倒しに行くために。

敵に出会ってバトルが始まります。

さあ、どうすると思います?

サイコロ転がすんですよ。

自分のためと敵のために。

出目をそれぞれのステータスに加えて値の大きいほうが相手のヒットポイントに指定数のダメージを与えられます。

もれなく記載するのですよ、冒険記録紙に。

町の外はダンジョンがありますよ。

そこも文章を読み、パラフラフを遷移しながらマッピングしていくのですよ。

国産最高峰と言われるドルアーガの塔三部作は完全なるマッピングができると評判です。

できるのですよ!

紙媒体の書籍でRPGが!

スマホは愚かパソコンがマイコンと呼ばれ、全然普及していなく、高くてとても変えたんもんじゃない時代、

480円で火吹山の魔法使いという名作が楽しめました。 

火吹山の魔法使い ファイティング・ファンタジー (現代教養文庫)

火吹山の魔法使い ファイティング・ファンタジー (現代教養文庫)

  • 作者: スティーブ・ジャクソン,イアン・リビングストン,浅羽莢子
  • 出版社/メーカー: 社会思想社
  • 発売日: 1984/12
  • メディア: 文庫
  • 購入: 2人 クリック: 7回
  • この商品を含むブログ (12件) を見る
 

当時は革命的なことだったんです。

日本ではファイティング・ファンタジーシリーズは300万部売れたそうですよ。

ゲームブックの定義

でも突き詰めていくと、非電源もRPGも年代も全て無関係で、構成しているあらゆる要素を削り取り、これ以上取り除くと「ゲームブックとは言えない」というところまでシンプル化していくと、

選択肢を選び続ける物語

に行き当たります。

これはネットを駆け巡り、様々な媒体を通じて導き出した筆者なりの答えです。

たとえ動画であっても「ムービー・ゲームブック」と言う表現が見受けられたり。


日本初!ムービーゲームブック「ラヴ・チェイン」スタートページ

銀魂で誰かさんの日記が、なぜか選択肢を選ばせるような形式になっていて、それをみた視聴者が「ゲームブックだろw」とTweetする事例を筆者は目の当たりにしてきました。

また、イエス・ノーチャートもゲームブックのようだと表現するかたもいらっしゃいます。

場面毎に選択肢を選び、また次の場面でも選択肢を選び…と選び続け、物語の流れが分岐していく様式でさえあれば、ゲームブックと読んでいいものなのです。

となると、ノベルゲームやらアドベンチャーゲームやらもゲームブックの一種とも言えるのです。

どんな想いで作ったか

ブックとは言えどスマホ全盛期の昨今、親指のタップ一つで展開を読み進められる方がいいので、書籍である必要もありません。

そう。

電子書籍でなくても全然OK、というより電子書籍じゃないほうがむしろゲームブックには向いています。

じゃあ何でKindle版ゲームブックを作るツールを作ったのかという疑問が湧き上がってきます。

でも、それでいいんですよ。

そもそもゲームブックは選択肢。

AがいいのかBがいいのか。

君はCしてもいいし、Dしてもいい。

つまるところゲームブック制作に当たり、

君は紙媒体で制作してもいいし、電子書籍で制作してもいいし、Twineに代表されるようなゲームブック制作ツールを使ってもよい

からにほかなりません。

そこで、Kindleを始めとする電子書籍版でもゲームブックのリリースが増えたらいいなと。

その一助になればいいなと思い立って制作したのがゲームブックパラグラフシャッフラーです。

ゲームブックはオワコンと呼ばれたり、懐かしいと言われることが多すぎなので、このさいどんな形式でもいいからゲームブックが盛り上がってくれればと言うのが制作の意図です。

また、とても重宝したゲームブックコンパイラがいつの間にか公開停止になっていたというのもあります。

今後の傾向と対策

何度か筆者は言及していますが、本当はゲームブックはポテンシャルが非常に高いので、電子書籍という制限の多い媒体に閉じ込めておくのはもったいないとさえ考えています。

でも今の所ゲームブックのマーケットとしてはAmazon Kindleが一番大きいんですよ。

筆者は何にせよゲームブックを世に広めたいので、あらゆる選択肢を講じていきたいと思っているんですね。

なので、まだ改善の余地は多々あるのですが、どんどん使ってみていただきたいです。

要望とか感想とかもTwitterなどで知らせていただけると嬉しいです。

そもそもゲームブックを筆者の言う通りに再定義し、電子書籍ではない電子媒体で創るなら

  • パラグラフ番号はいらない
  • 無関係のパラグラフにユーザーはアクセスできないのでパラグラフシャッフルしなくていい
  • メモをする必要はない
  • フラグ管理もユーザーが行う必要がない
  • 媒体を選ばない=漫画でも動画でも音だけでもOK
  • 音だけでもいいならユーザーが視覚障害者であれ晴眼者であれその隔たりなく、楽しみや感想をシェアできる

…と想像を絶するコンテンツができてくるはずなんですよね…。

もっと言えば電子書籍でもユーザーは現状でもズルできるのでパラグラフシャッフルする必要もないし、フラグ管理もいらないんじゃないかなあとさえ思っています。 

銀行員ゲームブック バンカーズクエスト (SHINKIGENSHA GAME BOOK)

銀行員ゲームブック バンカーズクエスト (SHINKIGENSHA GAME BOOK)

 

↑こちらの作品は読者に何々をしたか?というフラグ管理をしています。

アイテムにつけられた番号をメモし、今いるパラグラフ番号と加えた番号へ進め……という煩わしい処理をしていなくとも、読者は楽しめるというわけです。

ズルして楽しんでもいいし、正攻法で読み進めてもいいという選択肢をこのゲームブックは提示しているということなんですね。

まとめ

そんな感じで、パラグラフシャッフラー。

使ってみた感想をいただけると幸いです。

また、これ以外にもツールを作っていきたいと思っており、現在JavaScriptを復習中です。

いつになるかわかりませんが、テキトーにがんばります。

 

以上、道民より東京からでした。

 

ちきりんさんの「徹底的に考えてリノベをしたら、みんなに伝えたくなった50のこと」のレビュー・感想とオススメ

こんにちは。

さあ、選択肢を創りましょう。

ゲームブック投稿サイト・マーケットサイト・Webツールの管理者です。

さて、今回はこちらの著作を通読してのレビューと言うか感想です。 

徹底的に考えてリノベをしたら、みんなに伝えたくなった50のこと

徹底的に考えてリノベをしたら、みんなに伝えたくなった50のこと

 

ファンと言うか、ちきりんさんのブログ・著作は多数通読しているのでいろいろな背景を把握しているのですが今回はリノベ業者さんとの信頼関係の厚さに感嘆としましたね。

おわかりの通り「ちきりん」さんはハンドルネームです。

つねに自画像が書かれたうちわなどで写真撮影のときも素顔を隠しています。

正体は知られたくないはずなんですよ。

でも様々な契約があるし打ち合わせで何度も顔合わせするし、このような書籍をだすなら本人の素性がすべて相手にわかっちゃいますよね。

それを業者は内緒にしてくれているのでしょうから、よほどの信頼関係を構築できないとできないことです。

リノベ以前にいちばん大切なところはそこかなあーと、思わずにはいられませんでした。

ま、そのへんのことは書籍内容と全く関係のないところですね。

筆者はマイホームや分譲マンションには全く興味がなく、賃貸でOKです。

そのため、リノベという用語は今回はじめて知りましたし、実際リノベそのものには全くどうでもいいようなことです。

それでも今回この著作をよんで様々な気付きがあったので、大変おもしろく読み終える事ができました。

  • 普通にドキュメンタリーとして読んでもOK。
  • 自分の住んでいるところへの気付きや改善にも役立つ実用書でもあり…。
  • あるいはビジネス感覚を研ぎ澄ますのにも役立つ今までになかった体の書籍と言えます。

そのことについてこれから書いていきますよ。

 

目次

ドキュメンタリー

まるで冒険をしているかのようなんですねえ。

今回ちきりんさんはリノベの予算として1000万と設定。

お金持ちと思われるちきりんさんと言えど、1000万は大金です。

決断には慎重にならざるを得ません。

リノベを行うに当たっては様々な選択肢があり、目指すゴールも

「やってみないとわかんない」

「施工中トラブルがあるのが前提」

というもの。

ゲームブックを執筆したり投稿サイトやらを運営している筆者にしてみれば、リノベってゲームブックみたいだと思わずにはいられませんでした。

ゲームブックについての詳細はこちらのエントリをご参照ください。blog.gamebook.xyz

ゲームブックと大きく異なる点は、選択肢を選んで読み進めて、行き詰まったりしてもやり直しができるのに対し、リノベはやり直しができない点です。

後悔先に立たず、じっくり考えてこれだと思ってもあとから実際に住んでみたら「こんなはずじゃなかった」となってしまうパターンもあるそうで。

それだけのリスクを抱えても、住まいは毎日の生活の基盤。

調理一つとっても動線やら家電家具の配置やら、それによって生活の質に断然差がついてきます。

つまり1000万と半年くらいの歳月を費やしても、今後20年の生活の快適さを思えば投資する価値があるのがリノベ。

そういうことが手に取るようにわかるように詳細に写真・図解入りで構成されているのです。

面白そうでしょ?

実用書

筆者は道民です。

たまたま今長期出張で、まだ東京で消耗しています。

(このまえ地下鉄乗り継ぎで間違えて行く予定の全く無いスカイツリーまでたどり着いてしまいました…)

北海道で賃貸はマンションよりはアパートが圧倒的に多いです。

せいぜい3階建てです。

そしてご存知の通り豪雪地帯であり、夏は涼しく冬は寒いのです。

となると住宅状況は高層ビルが立ち並ぶ東京とは全く異なります。

それで東京に来てマンスリーに住むといつも不思議に思っていたことがありまして。
まず、段差って何であるのか?

玄関があり、そこには狭いとは言え土間がありますね。

一段上がって部屋に向かうとキッチンや風呂場を廊下づたいにやり過ごしてリビングにつくと一段下がるって……。

f:id:oniisann:20190419060502j:plain

北海道の物件で段差のあるのを見たことなかったんですよ。

玄関での泥汚れとか砂とか部屋の中に入らないようにする工夫なのかと思いつつも、よく段差で突っ転びそうになるのでやめてほしい設計だなあと毎日思いながら過ごしておりますのですよ。

ただですね!

この著作を読んでなんでそのような設計になっているか、長年の疑問が目から鱗のように氷解しましてですね!

納得感半端なかったですよ、ホント。

どうして段差があるか気になるでしょ?

ま、ヒントはすでに書きましたけどね。

答えはこちらをぜひどうぞ。 

徹底的に考えてリノベをしたら、みんなに伝えたくなった50のこと

徹底的に考えてリノベをしたら、みんなに伝えたくなった50のこと

 

余談ですけど、梁というのですか?

f:id:oniisann:20190419060653j:plain

北海道でこんな出っ張り見たこと無いんですよね。

邪魔ですよねー。

おそらく4階建て以上とかにもなってくると建物の強度を保つために必要な構造様式なんでしょうけど…。

北海道は土地が広い・(ニセコ以外は)安い・低い建物ばっかりという諸事情と、酷寒地なので断熱材とか入っていて梁が外観ではわからないようになっているのかな、と推測しております。

札幌であっても東京の3D感と比べ、北海道は平面的な、2Dのような空間が広がっています。

さて話を戻します。
書籍の中での一例ではキッチンのレイアウトについて記述されており、動線を考慮してより快適なレイアウトはこう考えたらいいと記載されています。

毎日のように使うものでありながら、意外に不便なまま受け入れてしまっていて、ゼロベースで考えると、なるほど、そう配置したほうがいいと思い当たります。

そういう事例がいくつも載っているので、それをヒントにしてリノベまでしなくとも家具や家電の配置を見直すいいきっかけとなることでしょう。

筆者も可能であれば、今の賃貸、まずは泡沫金具付きのシングルレバー混合栓に交換したいです。

ふつーの混合栓なんですよ。 

※写真はイメージです

とても硬くて操作性が悪いです。

小指一つで操れるシングルレバー混合栓が恋しいです。 

そこまでじゃなくとも、節水ハンドルなるものがホームセンターで売っていてですね。 

カクダイ 水栓本体部品 レバーハンドル 793-618

カクダイ 水栓本体部品 レバーハンドル 793-618

 

レバー状になっていて力をあまり入れなくとも水の出し止めが容易に操作できるので重宝します。

あと調理は全くしないのでHIコンロを取っ払い、鏡でもおいてほしいです。
仕方ないので100均で小さい鏡買いましたけどね。

風呂場に鏡あるんですけど、いちいちそこまで行って、立ち位置も不安定なユニットバスで顔洗ったりできませんから。

そういうアイデアも触発されるのがこの著作なんですね。

ビジネス感覚

この様なテーマと言うかジャンルを取り扱った書籍は無かったと思いません?

筆者などはそもそも「リノベ(=リノベーション)」と言う用語さえ初めて知りました。
流行りのリフォームとはどう違うのか。

何故リノベなのか。

このテーマの書籍は余りにも斬新で希少性が高いためこれからリノベを検討している消費者はもちろん、リノベ業者側にも大変有益な情報となっています。

お客さんとの折衝で、お客さんの疑問点や不安に思うところ、更にはどうしたら財布の紐を緩められるかと言う視点でも記述されているので、リノベ業者によっては会社単位でまとめ買いして従業員に配ると言うところまで出てくるでしょうね。

リノベを全く考えていない人にしてみても、このテーマを取り上げて書籍にすると言う着眼点であったり、顧客のニーズを把握する上でのヒントや考え方と言ったものを細かく具体的として綴られているので、リノベを自分の商売のテーマに置き換えて見れば大変役立ちますよね。

とりわけちきりんさんの著作でマーケット感覚と言う概念を提唱したものがありますが。 

マーケット感覚を身につけよう---「これから何が売れるのか?」わかる人になる5つの方法

マーケット感覚を身につけよう---「これから何が売れるのか?」わかる人になる5つの方法

 

今回の著作はその具体例として捉えると、よりマーケット感覚と言うスキルを磨くのに一助となる事でしょう。

ま、もっと言えば自分のアタマで考えようと言う著作もありますので…。 

自分のアタマで考えよう――知識にだまされない思考の技術

自分のアタマで考えよう――知識にだまされない思考の技術

 

そちらも併せて読むとより効果的ですよ。

まとめ

そんな感じで様々な気付きや学びのある「徹底的に考えてリノベをしたら、みんなに伝えたくなった50のこと」 

徹底的に考えてリノベをしたら、みんなに伝えたくなった50のこと

徹底的に考えてリノベをしたら、みんなに伝えたくなった50のこと

 
  • 1000万もリノベに予算かけられる人の世界と自分は違うと思うのも一つ。
  • それを自分の知らない世界を知る事が出来き、知的好奇心を満たしてくれると思うのもひとつ。
  • 更には自分もリノベに興味が湧いた、どうしたらリノベが出来る(様なお金を稼ぐ事が出来る)だろうかと試行錯誤するのも一つ。

実は選択肢があなたを待っているのです。

 

以上、道民より東京からでした。

さて、あなたはどうする?
GameBook.xyzへもどる→1
Googleへ行く→14