e.GameBook.Xyzのブログ

主にゲームブックについて語ります。他、北海道ネタ、ホリエモン、雑談など

10歳の少年革命家YouTuber「ゆたぼん」氏を大人がいじめる構図…イジメ、ダメ、ゼッタイって学校では教えてくれないのね。

こんにちは。

eゲームブックを推進しているものです。

人生は選択肢の連続。

だから選択肢のある物語、ゲームブックは素晴らしい…。

選択肢といえば今回は炎上して話題の10歳の少年革命家YouTuber「ゆたぼん」氏をテーマに筆を執りました。


【新聞載った!】ゴールデンウィーク終わっても学校行くな

彼は義務教育の小学生。

「学校に行かない」という選択肢を実践しています。

義務を怠っているのだから駄目だ

とか。

勉強しないで世の中変えるってw

とあざ笑う機運がなぜここまで盛り上がっているのか不思議ですよね。

その辺の事について書きたいと思います。

 

目次

義務教育とは

大方世の中の方の考えとは次のようなものかと。

  1. 小学生は義務教育
  2. 不登校は違反
  3. だから駄目

筆者もゆたぼん氏の炎上記事を見かける前は

どうかな?

と思っていました。

自殺を考えるほどのイジメに遭っているなら不登校は有効な選択肢。

でも彼は

「宿題で居残りさせられるのが嫌」

「生徒は先生の言いなり、それならロボットになってしまう」

という理由で不登校を継続中。

それが炎上の根拠とされてしまいがちですが、ちょっとググれば分かる話です。

例えば下記の記事によりますと…。

www.futoko.org

まとめると

勉強したいと考える子供に(例えば仕事を強いて)学校へ通わせない親は義務教育違反

となります。

今回本人が行きたくないと強く主張しているので問題はないのではないでしょうか。

それを知ったかぶりでコメントやTwitterで炎上させている大の大人は何なのかなぁ、はんかくさいなぁ、と思いますね。

※はんかくさい…みっともない、恥さらし、という意味の北海道弁

勉強の意味

勉強ってなんのためにするのでしょう?

結局はいい大学行って大企業に務めてって…。

要するに昭和の時代、課長島耕作がジャパニーズドリームだと言われていた頃の話ですよ。

課長 島耕作(1) (モーニングコミックス)

課長 島耕作(1) (モーニングコミックス)

 

今は令和ですよ。

平成も終わっちまいました。

日本がどれだけ経済停滞し、技術も中国に抜かれ、世界からスルーされるようになっているのを自覚できないのでしょうか。

ゼロベースで物事を考える、端的に言えば現状を否定するスキルが必要になってきているのですよ。

だからホリエモンはゼロ高校を創設したし。

zero-ko.com

この著作でちきりんさんも学校教育の是非を問うているのです。 

悩みどころと逃げどころ(小学館新書)

悩みどころと逃げどころ(小学館新書)

 

↑学校の落ちこぼれ梅原さんが世界でも有数のプロゲーマーになり、大手企業から講演依頼をうけていることも言及されています。

なんのために勉強するのか?

それはお金を稼ぐためですよね。

ゆたぼん氏のYouTubeチャンネル登録数はこのエントリ執筆時点で5,654人。

最多再生数18万で、1万再生超えの動画も20本くらいあります。

よほど底辺YouTuberより稼いでいますよね。

小学生でここまで稼げればええんちゃう?

学校行く必要ないじゃん。

行っている暇があれば動画に没頭してより完成度の高いものをアップロードすることに時間を費やしたほうが彼は間違いなく稼げるでしょうね。

炎上上等

炎上させている大人はあることに気づいていません。

何かわかります?

いいですか?

炎上しているんですよ?

YouTubeの評価も「高く評価」よりも圧倒的に「低く評価」が多い。


不登校は不幸じゃない!

↑例えばこの動画が一番再生数が多く、このエントリ執筆時点で

189,898 回視聴

高く評価 859

低く評価 1.2万

となっております。

それなのに動画投稿を継続している。

そうです。

彼の不屈の精神です。

どんな炎上にもめげずバネにしてむしろ再生数を積み重ねることに成功しているのです。

あんまり考えてない大人はそういう事に気づいてないのです。

彼が着々と再生数を伸ばし、動画の作成品質を徐々に上げ、成長していくことを。

いつしか彼の動画が百万再生に到達するようになって掌を返したように

ゆたぼんすげぇ~

小さい頃から応援してたよ

なんて間抜けなことを言うようになるのですよ。

今のうちにサインでも貰っていたほうが(そして有名になる頃にヤフオクで売ったほうが)いいのに。

それにしても10歳の少年を寄ってたかって大人みんなで炎上させるという虐め。

イジメは駄目だって学校で習わなかったんでしょうか。

そんな学校通うな!

選択肢を放棄

学校に行くと病む生徒は必ず一定数います。

無理して通うと思いつめて自殺に及んでしまいます。

それなら学校に行かないか、図書館にこもってもいいでしょう。

不登校を認めることははすなわち

君は学校へ行ってもいいし

行かなくてもいい

と同義です。

無論学校が楽しいという子もいます。

友だちに会える、勉強もしておきたい。

そういう子は行けばいい。

でも学校に意義を見いだせない子は無理して通う必要はない。

それだけのことですよ。

だいたいエジソンだって学校通ってませんからね。

それで電球を始めとする様々な発明を世にリリースしたのですからね。

炎上させている人たちは、自分が選択肢を選ぶことを放棄し、不満を持ちながらも現状をあるがままに受け入れ、鬱憤を晴らすために炎上させているだけです。

1万2千人にダメ出しされ、言動を否定されるコメントされる側の気持ちも知らずに。

でも859人は自分の言葉に賛同してくれていると理解し、世の中敵が多いけど味方がいないわけじゃない、だから頑張ろう、ということも肌感覚で分かっているんでしょうね。

毎日満員電車に揺られ客からの無茶ぶりにヘエコラし、上司に怒られ、趣味は赤ちょうちん。

会社をやめたいと思っていながら惰性で何も自分を変えることなくただ毎日をやり過ごしていく人たちと、批判を恐れず己の信念を貫く少年と。

どちらが凄いでしょうか?

まとめ

毎日を嫌だと思いながらも現状を続ける大人は気づいていないんです。

実は自分の前にも選択肢があるということを。

学校が嫌なら不登校。

会社が嫌なら退職。

たとえ1万人を超える人達に「そんなこととしちゃ駄目だ」「迷惑だやめろ」と咎められても自分のやりたいことをやる。

先生から言われたからやる。

上司から言われたからやる。

親から言われたからやる。

でもそれはあなたの人生でしょ?

自分の人生の選択肢、自分で選ばなくて本当にいいんですか?

ゆたぼん氏を避難している人たちは、自分がやりたいことができなくて、自分の弱さを露呈しているようにしか見えません。

選択肢を創ってください。

だから選択肢が連続する物語、ゲームブックが世の中に必要なのです。

 

以上、道民より東京からでした。

 

さて、あなたはどうする?
GameBook.xyzへもどる→1
Googleへ行く→14