Yoyogi Jotaro の何だかよく分からないブログ

主にゲームブックについて語ります。他、北海道ネタ、ホリエモン、雑談など

北海道の冬道で散歩をして気がつくこと。[閲覧注意]まとまりがありません。

こんにちは。ゲームブック投稿サイトを運営している者です。

今日は頭から永野さんの出演したGLAYのPVが頭から離れません。


GLAY / everKrack

さらに永野さんは

news.ponycanyon.co.jp

着ボイスも手がけているんですねえ。

あのフレーズがiPhoneなら250円で聴ける? これは後で要チェックです。

さて、デスクワークがメインの筆者は日課でウォーキングをしているのですが、あまりにも今日はいろいろなことが起こったので書き綴ってみたいと思います。

目次

形跡の見える化

タイトルでこう表記するとカッコいいですが、お食事中の方はごめんなさい。

いや、だって雪って白いんですよ。

その上に犬とかそれ以外の方(人とも言う)がマーキングというかその……。体内で不要なものを液体として放出することってありますでしょ?

それがモロわかるんですよねえ。そこら中に散らかっていますよ。

(ヒントは黄色です)避けて通るのが大変です。

これがその、雪が降り積もっているから「見える化」してますが、夏場でも同様であると言う事実に気が付くと、頭が痛くなってきます。

なので筆者は電柱には近寄りたくありません。

 良くFacebookのリア充ページとか、Twitterでめちゃくちゃ拡散されている画像の中に道端に寝そべっているものとか、電柱の側に座っているのとか見かけますけどねー。

もう……あり得ないことだと思いますよ。

皆さんもお気をつけ下さい。

声から格差を知る

歩いていると怒鳴り声が聞こえてきたんですね。

嫌だなあと直感的に思いました。酔っぱらいか、喧嘩でもしているのかなあと訝しげに歩いていると、声の主を見かけました。

クロスして筆者は通り過ぎましたが、その声の主は転んだり、雪を蹴ったりし、何かキレて怒鳴っているんですねえ。

何に対して怒っているかわからないところが驚愕モノなんですよ。

一人でキレているんですよ。何でしょうね。別の意味で怖かったです。

うーん。今から思えば不審者として警察などに連絡すると言うてもあるのかもしれませんが、別に怒鳴ってたまに雪道をける程度で実害はないので、面倒に巻き込まれたくもありませんし、様子見で良かったかなとも思い返しています。

その後ですね。今日は仕事はじめという所も多いのでしょう。

アパートが林立する住宅街を歩いていると、窓ガラスが開く音が聞こえました。

姿は見えませんでしたが、幼稚園に通う女児と思われる声で

お父さん、道端つるつる滑るから転ばないように気をつけてね!

と出勤を心づかう優しさがその場を満たしました。それも3回ほど。

先ほどの怒鳴り声との対比が余計安心や温かさを感じさせてくれるものでした。

いいですねえ。パパは元気に会社に向かうことが出来ることでしょう。

聞いている筆者まで幸せに感じましたよ。

確かに路面ツルツルなんですよ。氷上を歩いているかのようでした。

そのこともよく理解している聡明な子供ですね。

子供っていいですよね。それが「子供はうるさい」とおっしゃる方もいるので筆者には不思議で仕方ないんですが……。

凄いの落ちてた

そのまま歩いていると坂道です。ふと気が付くと、坂のふもとにキラリと光るものが。

よく見ると一枚のエロDVDだったんですよねえ。安心できません、穿いてませんよ、でした。

モザイクかかっているし。

うーん。これ、子供に見せるのは良くないですね。まあでも筆者が子供の頃もたまにエロ本とか落ちてましたからね。捨てる人っているんですよね。

そうなんですよね。考えると不思議なんですが、男性はそういうたぐいのものを収集する癖があるのですが、ある時飽きて捨てたりするんですよ。

不思議なもんです。

たかがエロDVD一枚でいろいろな思考が頭をめぐり、調度良い頭の体操になりましたね。

厭世家と楽天家

さて、どっかの大手小売店の前を歩いていると

はい、下がって下がって

と言う声が聞こえました。

見ると警察官二人が二台の自動車を路肩に寄せる指示を出しています。

なるほど。路面ツルツルだから事故ったんですね。

ぶつかったとは言っても車両に傷やちょっとした凹みが生じる程度で、運転手や同乗者にはほとんど影響がないと言う軽いものです。

冬の北海道では割と見かける光景です。

事故って不幸と考えるべきか。事故だけど車両の凹みだけと言う軽い被害で済んだので幸いだったと考えるべきか。

当事者には筆者が思いつくだけでも2つの選択肢が提示されているわけですが、後者のほうが前向きでおすすめです。

筆者にはどうして上げることも出来ませんが、後者の選択肢を選んでくれることを望むばかりです。

道民は転びにくい

滑りやすいのは車両だけではなくて、歩行者も同様です。

路面ツルツルなので注意して道民は歩きます。

でも道民は夏場と然程変わらないスピードで氷上を歩く人が多いです。

それは

  • 滑りにくい靴底の靴を履いている
  • 転びにくい歩き方を体得している
  • 転んだとしても痛みや負傷の少ない受け身を体得してる

と言う3点が挙げられると思います。

筆者も冬場だからといって歩行のスピードは夏場と殆ど変わりません。

例えばスケートって、あれだけ細いブレードで滑りやすい氷上で、スケーターは転びもしないで軽やかに滑りますでしょ?

どうしたら転ばないのって聞いても浅田真央ちゃんとか答えられないと思いますよ。

自転車も倒れないで前進しますでしょ? それと同じです。

まあそんなもんですよね。

頻繁と極稀

でもそこから自分には当然のこと、アタリマエのことでも、他の人にしてみれば奇蹟だと思えることもあるのですね。

そのことに気づくには感謝の気持ち、ありがとうの気持ちを持つことが大事じゃないかなあと思います。

ありがとうって英語ではThank youと訳されることも多いですけど、seldomって訳してもいいんじゃないかなって思います。

滅多にないこと。有ることが難しいこと。

ありがとうという感謝の気持ちを持って毎日を過ごすと、いろいろな事に気づくことが出来ると思います。

それが、イノベーションですね。

 

何だかまとまりがありませんが、

以上つるつる路面の北海道からでした。

さて、あなたはどうする?
GameBook.xyzへもどる→1
Googleへ行く→14