Yoyogi Jotaro の何だかよく分からないブログ

主にゲームブックについて語ります。他、北海道ネタ、ホリエモン、雑談など

R1ぐらんぷりでマツモトクラブさんが敗退。審査のシステムが今の多種多様な世の中にマッチしてないのでは?

こんにちは。ゲームブック投稿サイトの管理者です。

筆者は普段テレビは殆ど見ないんですが、本日はR1ぐらんぷりがあったので、6時頃からテレビの前にいました。

出演者に厚切りジェイソンさん 

日本のみなさんにお伝えしたい48のWhy (ぴあ書籍)

日本のみなさんにお伝えしたい48のWhy (ぴあ書籍)

 

とにかく明るい安村さん 

安心してください、はいてますよ。 (PREMIUM PHOTO BOOK)

安心してください、はいてますよ。 (PREMIUM PHOTO BOOK)

 

そして敗者復活戦で 

永野DVD『Ω』

永野DVD『Ω』

 

永野さんが這い上がってくるんじゃないかなあと期待していたからです。 

全く筆者の想定外の結果に終止しましたが、一つ思う所があります。

 

もう、審査員いらないんじゃない?

今回誰が優勝争いまで行ったかという事には触れません。

ただ逆に、視聴者の評価が非情に高かったにもかかわらず、優勝争いに駒を進められなくて残念な方がいました。 

ヒゲメガネ thank you! [DVD]

ヒゲメガネ thank you! [DVD]

 

マツモトクラブさんです。

去年のR1でも敗者復活から決勝進出しています。

で、今回は面白いだけでなく、少しホロリとしてしまうような心温まる感じの、とても良いネタでした。

TwitterのTLでもトレンドに乗り、

マツモトクラブが決勝に行かないだと? 

マツモトクラブの方が面白かったのに! 

と言う意見が散見されました。

筆者は厚切りジェイソンさんと、とにかく明るい安村さんのファンでしたので、お二方を応援していましたが、贔屓なしに純粋に面白さだけで評価すればマツモトクラブさんに軍配が上がるものだと思いました。

R1ぐらんぷりで勝敗を決めるのは視聴者からの投票と、審査員5名がそれぞれ持つ3点のポイントで決まります。

視聴者の票は人気の順に、3ポイント、2ポイント、1ポイントが付与されます。

で、マツモトクラブさんは見事視聴者からの指示を勝ち取り、3ポイントを獲得していました。

ところが審査員の票が全く入らず、他の方が優勝争いに駒を進めました。

これは不平等だと思います。

R1参加者全員がレベルの高いパフォーマンスを繰り広げたのは事実です。

なのでどの誰が優勝してもおかしくない程だとは思います。

でも筆者を含め、多くの方の支持は今回はマツモトクラブさんが勝ち取ったわけで、そういう立場の方が次に進めるシステムの方がいいのではないでしょうか。

テレビは昔ながらのシステムに拘る姿勢があるという点で、時代について行っていないと思います。

だからテレビは面白くないと批判されるのです。

まとめ

これだけ多種多様な世の中になったのですから、純粋に視聴者の人気投票だけで勝敗を決めるシステムに修正した方がいいのではないでしょうか。

 

以上、北海道からでした。 

さて、あなたはどうする?
GameBook.xyzへもどる→1
Googleへ行く→14