e.GameBook.Xyzのブログ

主にゲームブックについて語ります。他、北海道ネタ、ホリエモン、雑談など

劇場版シティーハンター新宿プライベート・アイズを新宿で観てきました。世界観・獠と香の絆・ギャグてんこもっこりで神映画。

こんにちは。

ゲームブックの投稿サイト、マーケットサイトを運営しているものです。

今回は話題の映画、劇場版CITY HUNTER~新宿Private Eyesを観てきました。

cityhunter-movie.com

もちろん全国で上映しているのですが、現在筆者は出張で東京に滞在中。

これは新宿で観てくるしかないと思いたち、行ってきましたのでその模様を報告いたします。

目次

 

中央線快速で御茶ノ水→新宿10分!

道民の筆者は総武線と中央線の区別がつかないのですが、今回中央線、さらには快速に乗ることができ、御茶ノ水から新宿までわずか10分なんですね。

めちゃくちゃ遠いイメージのある新宿ですが、上映時間13時30分に対し、12時10分位に着いちゃいました。

新宿の景色を眺めた

新宿駅は世界最大の乗降車数を誇るだけあってカオスですよね。

どこからどう出て良いものか全くわからずじまいで。

方向音痴の筆者は早速スマホでGoogle Mapを利用しましたが、とても電波の調子が悪く…。

仕方ないので新宿西口ヨドバシカメラのWi-fiで目標を見定めましたね。

それでてくてく歩きました。

新宿はホントでかい街ですね。

f:id:oniisann:20190213144832j:plain

結果的に新宿名物コクーンタワーを中心に一周して、映画館にたどり着きました。

その道中国道20号線沿いや新宿中央公園を歩き、高層ビル街を見上げまくりました。

f:id:oniisann:20190212122355j:plain
凄いすね。

映画館

f:id:oniisann:20190212152426j:plain

↑TOHOシネマズ 新宿という所です。

適当にググって最上位にリストアップされたのでここに決めたのですが、方向音痴+Google Mapが常時使えなかったため新宿駅からたどりつくのに40分位かかりましたね〜。

でも新宿の町並みを見れたことは良かったです。

歌舞伎町は怖いから避けたいな〜と思いながら無事つけたときはやれやれだぜ、という心持ち。

映画館の上には(写真では分かりにくいけど)ゴジラが居るんですね。

出来たばかりのようでキレイな映画館で良かったです。

CITY HUNTER

シティーハンター 1巻

シティーハンター 1巻

 

シティーハンターは世界最高峰のスナイパー・冴羽獠とパートナーの槇村香の二人組。

仕事はボディーガードから殺しまでいろいろ請け負ってくれますが、美女や依頼内容に心が震えたときしか受けてくれないそうです。

ゴルゴ13への依頼方法が

  • アトランタ連邦刑務所にいる「マーカスモンゴメリー」に手紙を書く
  • ナスダック上場の「ユナイトホライズン土地開発株式会社」の株を買い、暴騰させる
  • G13型トラクター買いたいと新聞広告を出す

…と言うのがありましたが、彼らへの依頼方法は伝言板。

今は撤去されていますがアニメ放送当時は新宿アルタで「いいとも!」をやっていてですね、駅構内に黒板状の掲示板が設置されていたそうなんです。

(ホントかどうか知りませんけど)

そこに依頼内容や集合場所を書き、合言葉の「XYZ」と書いておくというコンタクト方法なのです。

だから当時は「XYZ」って書く人続出してたんじゃないかなあと推測します。

映画は現在の新宿の様子をかなり詳細に描写していますので、このコンタクト方法は現在はどうなっているか?

とても興味深いですよね。

なかなか粋な方法が採択されていました。

待たせたな、俺を呼んだのは君だろ?

今回のキャッチコピーになっているこの主人公・獠のセリフ。

もちろん20年ぶりの映画復活ですからね。

ファンサービスを兼ねたセリフに決まってますよ。

今回のクライアントは亜衣ちゃん。

何故その名前なのか劇中でピンと来る方もいる事でしょう。

新宿と言う街は駅の乗降者数世界一を誇り都庁に代表される超高層ビル群、ビジネス街としても有名であると共に、歌舞伎町やゴールデン街、二丁目など日本有数の歓楽街でもあります。

その街の今の様子が詳細に反映されており、冴羽獠と言う男に非常に似合うのがまず見どころなんですよ。

彼も世界一流のスナイパーという一面と、「もっこり」に代表されるエロいひょうきんキャラクターの一面を併せ持っていますからね。

もうひとりの主人公・香 

シティーハンター 2巻

シティーハンター 2巻

 

あくまで主人公は獠なんですが、ほぼ主人公と同等の扱いなのが彼のパートナー、香です。

彼女が居てくれないとシティーハンターは成り立ちません。

ちなみに彼女が死んでしまうパラレルワールドが「エンジェル・ハート」です。 

エンジェル・ハート 1stシーズン 1巻

エンジェル・ハート 1stシーズン 1巻

 

なので

「エンジェル・ハート」じゃなくて「シティーハンター」の復活で良かった!

と言う意見も散見されます。

今回の映画では香が非常に重要な立ち位置になっています。

もとよりシティーハンターの魅力は

  • 冴羽獠の天才的なスナイパーとしての活躍
  • ギャグがてんこもっこりのドタバタ
  • 大切な人との絆や信頼関係

が描かれているところ。

漫画連載当初から普遍のテーマとして獠と香のパートナーとしての絆を育んで行く様子が描かれています。

いつも明るくバカをやってる獠も悩みや葛藤を抱え、スナイパーとしては一流なのに恋愛では物凄く不器用。

そこがグッとくる作品なのです。

映画館で観るということ

13時30分開演だったんですけど、13時には到着。

入館も13時20分と言われてロビーに滞在。

その後着席して観ているとかなり告知が多くて残念ですよね。

何だか正直者とか真面目に時間厳守をしている人が割を食う印象は否めないですね。

あとやたらと映像でポップコーンを勧めてくるんですよ。

何で映画館ってポップコーンなんですかね?

こぼしやすいし、映画館の席が汚れやすいと思うんですが。

それに喉も渇くし、清涼飲料水飲むとトイレも近くなるし。

まあ、結局コーラとか清涼飲料水を売りたいのでしょうが純粋に映画を鑑賞する上ではちょっと邪魔かなあと。

鑑賞後に喫茶スペースでゆっくりと映画の世界観に浸りながら飲食する方向に持ってったほうが良いような気もするのですが。

それとファンにはたまらないレアグッズを販売するとかね。

ただ、それを差し引いても映画館で観るというメリットは計り知れません。

まず観客層を目の当たりに出来ます。

私のような世代が多いのかと思いきや、老若男女、別け隔てなくそろってました。

そして音がいい。

360度いろいろな方向から聞こえるような仕組みになっていて臨場感があります。

世界観に没頭するにはたまりません。

あと、ネタバレになるので詳細は書けませんが、今回本当に映画館、それも新宿のこの映画館で観ることができて本当に良かったと思えるシーンがありました。

北海道に居ては絶対経験できませんからね。

新宿まで来て本当に良かったです。

やっと映画が始まった

物凄く長く感じられた宣伝がようやく終わり、物語がいつの間にか始まりました。

いきなりアスファルトタイヤを切りつけるシーンから始まりました。

テーマソングGet Wildの歌詞そのまんまじゃん、もう終わっちゃうの? と言う心配を他所に、新宿の街なかで派手にドンパチが繰り広げられ、シティーハンターの世界観に引きずり込まれましたね〜。

随所に歴代シティーハンターのテーマソングが流れて…。

いやあ実に良かった。

告知などで煽っていたように、悪い奴らの手によって新宿が戦火に陥れようと画策されてしまい…。

シティーハンターを始めとする馴染みの仲間がどの様に食い止めるのかが見ものです。

ギャグ漫画が基本

ま、そう言う背景があるのですが、普段は馬鹿騒ぎばっかりです。

大体は依頼人が美女なので、依頼人にもっこりパワーを炸裂させようとしている獠に恋愛感情を抱く香がヤキモチを妬いて名物100トンハンマーで突っ込むのが恒例となっています。

↑この上段真ん中のイラストを御覧ください。

普段はこんな笑顔で追いかけっこしてませんが、まあ、こんなハンマーで突っ込んでるんですよ。

しかも何もないところから香はハンマーを出せるらしく、シティーハンターの謎の一つとなっています。

そもそもこんなハンマーを振り回せるなら悪漢相手に使えば良いのですが、そんなシーンは皆無です。(なぜ?)

もっと関心を引くのは、いつも香のハンマーにぶちのめされている獠ですが、実は避けようと思えば避けられるんです。

だって世界一のプロですからね。

これ以外にも布団で簀巻きにされたり大きな金平糖状の武器で殴られたりして居ますが、連載漫画のなかで香のハンマーを避けたことがあるそうです。

何巻なのかは知りませんので、とりあえず全巻大人買いして探してみてください。

実際に映画でも簀巻きにされてもひょうひょうと抜け出しているシーンがありますし。

それをどうしてあえてやられているのか?

まあ、そこが獠の香への気持ちなんだろうなあと妄想するのがグッとくるんです。

実際叩かれるシーンは獠が美女にちょっかい出しているところなんで、それを香に止めて欲しいんでしょうね。

手に汗握るアクションシーン

一流のプロとはいえ、敵は巨大で物凄く強い力を振りかざしてきます。

それを僅かな武器と類まれなる身体能力で交わしていくさまは圧巻ですよ。

敵が全力で冴羽獠を殺せ、

いやだ、あたしったら獠の事ばっかり考えてる!

という状態なのに対して、普段のもっこりとは打って変わって沈着冷静なのが冴羽獠。

どうすれば相手にダメージをうまく与えられるか。

さらに新宿という大きな街をどうしたら被害を最小限に食い止められるか。

そういう想いを常に考えながら行動している勇姿がとても良く描かれていますよ。

信頼関係

前述の通り香が今回の物語で重要な役割を担っています。

危険を犯して敵の本拠地に乗り込むと言い出す香を、獠は止めることはしません。

その御蔭で獠の危機一髪を救ってくれることになり、獠もその事に気づきます。

さらに香が如何に獠に信頼を寄せているかが伺えるシーンが見ものです。

はじめのうちは獠のそっけない態度に不信感をもつ依頼人亜衣ちゃんもその場面を目の当たりにし、グッと来ている様子がとても良かったです。

声優さんたち

冴羽獠の声優は著名な神谷明さん。72歳。

今回のオファーを受けるのには1週間悩んだそうです。

確かに滑舌さなどの点では気になるところです。

筆者は全盛期の神谷さんを存じ上げてますからね。

北斗の拳のケンシロウやキン肉マンのキン肉スグル。

彼らの声をすべて聞いているので、思い出を美化しているのもありますが、それと比べてしまいます。

香も初回登場時はオバちゃんぽいなあというのが筆者の偽らざる印象です。

でも2019年2月現在、この地球上で70億人のなかで冴羽獠を演じられる最高峰の方は神谷明さん、香は伊倉一恵さん以外に存在しません。

そう思うと気にならなくなりました。

とくにもっこり全開のときの獠は全盛期の神谷明さんそのものでした。

今回始めて観る方は全く気にならないのではないでしょうか。

Get Wild

ハッピーエンドで幕を閉じるさい、往年の名曲がフェードインしてきます。

シティーハンターのテーマソングは多数ありますが、その中でも一番の代表曲に違いありません。

さらにTM NETWORKがブレイクするきっかけになった曲でもあり、彼らにとっても代表曲の一つであります。

ご存知の通り、36種類のGet Wildを収録したバージョンもあります。

GET WILD SONG MAFIA

GET WILD SONG MAFIA

 

このとき、スタッフロールとともにテレビアニメ版などのシティーハンターの名場面が映し出されました。

当然、立ち去る観客は一人もいませんでした。

シティーハンターはGet Wildとワンセットなんですね。

筆者もトイレに行きたいのを必死にこらえてスクリーンに釘付けでした。

ネタバレすると、そのあとStill Love Herが流れるんですよ。

これもいいですね。 

STILL LOVE HER (失われた風景)

STILL LOVE HER (失われた風景)

 

まとめ

そんな感じで興行収入ももっこりの劇場版シティーハンター。

リアルタイムでファンだった方はもちろん、全く知らない世代も存分に楽しめる作品に仕上がっています。

映画からシティーハンターが好きになった方にはこんな作品もありますよ。 

今日からCITY HUNTER 1巻

今日からCITY HUNTER 1巻

 

原作の北条司先生ではなく、錦ソクラ先生が描いているのですが、絵面や登場人物たちの行動、ギャグまでシティーハンターそのまんま。

ものすごいファンじゃないとここまで描けないんじゃないかというシティーハンター愛に溢れた作品ですのでお薦めですよ。

また、厳つい容姿だけど気は優しくて力持ちの海坊主ファンの方にはこちら。

CITY HUNTER外伝 伊集院隼人氏の平穏ならぬ日常 1 (バンブーコミックス タタン)

CITY HUNTER外伝 伊集院隼人氏の平穏ならぬ日常 1 (バンブーコミックス タタン)

 

シティーハンターの世界観が広がっていきますね。 

『CITY HUNTER』ジャンプ ベストシーン (ジャンプコミックス)

『CITY HUNTER』ジャンプ ベストシーン (ジャンプコミックス)

 

↑筆者もこれも買いました。

北条司先生のインタビューや、ファンのXYZ掲示板への書き込み、冴子と獠の関係や、最大のライバル海坊主との決闘シーンなど…。

とても面白いストーリーが詰め込まれています。

↑まとめ買いもいいですよ。

 

さあ、あなたもぜひ劇場に足を運んでください。

以上、新宿からでした!

 

さて、あなたはどうする?
GameBook.xyzへもどる→1
Googleへ行く→14