ゲームブック名作はパケ絵詐欺が多いかもしれない問題

こんにちは。

ゲームブック投稿サイトの管理者です。

さて、こちらのエントリで、ゲームブックの名作「バルサスの要塞」について触れました。

そう。

パケ絵に無関係な人が出てるんじゃないか?

(人ってかモンスターだけども)

一体彼(彼女?)は一体何者と言う疑問が沸き起こります。

バルサスさん

タイトルが「バルサスの要塞」ってなってるのに、この方は一体どなた? 問題。

多分バルサスダイアはこちらの方。

に、似ても似つかぬ……💦

どうしてこうなったんでしょうね。

火吹山のザゴールさん

じゃあ、取り敢えず火吹山も確認してみましょう。

そうそう。

こいつがあの悪名高きザゴールと言う魔道士……。

ん?

ちょ、ちょっとまって。

だ、誰ですかあなた!

たしかザゴールくんってこんな感じだったような……。

これも別人じゃん!

いやはや……。

これは一体どうしたことか……。

高度な過去のテクノロジーに驚愕

パケ絵詐欺どころの話ではない。

1980年代からIllustratorとかPhotoshopみたいな画像処理ソフトってものすごく性能が良かったんですねぇ。

当時はWindowsは愚かMacintoshなんてリリースされていませんでしたね。

AppleⅡがあったかどうかっていう時代によくこんな高度な画像処理を……。

……。💦

失礼しました。

ヒットの法則

ま、とにかく魔法使いとかバルサスとかタイトルに出ている割には、表紙絵に本人が出てこないほうがヒットするようですね。

拙作ゲームブック、サイキックJK麻美も本人が表紙に出てきているから販売不振なのかもしれません。

いやあ、これは販売戦略ミスでしたね。

イラストレーターの方には悪いことをしてしまいました。

今後は気をつけます。

…………。

まとめ

誠に申し訳ございませんでしたーーーーー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA