読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Yoyogi Jotaro の何だかよく分からないブログ

主にゲームブックについて語ります。他、北海道ネタ、ホリエモン、雑談など

北海道最強コンビニ・セイコーマートのイートインスペースがここまで充実してきた。飲食店は戦々恐々の日々。

北海道ネタ 小売業ネタ

こんにつは。

ゲームブック投稿サイトの管理者です。

本日は所用でこちらの近辺に顔を出しました。

f:id:oniisann:20160924223735j:plain

北大病院です。

f:id:oniisann:20160924223930j:plain

↑病院前の交差点では調剤薬局が林立しています。

f:id:oniisann:20160924224113j:plain

道路を挟んでコンビニがあります。

あの王者セブンをも上回る顧客満足度1位に輝いたとかでネットを騒がせた地場コンビニ、セイコーマートです。

f:id:oniisann:20160924224433j:plain

↑そのコンビニの二階部分はすべてイートインスペースと言う仕様です。

へ~。すごいスね。

これは早速チェックしてみましょうか。

 

目次

24時間営業

f:id:oniisann:20160924224630j:plain

↑何と……。24時間営業みたいですよ。

しかも喫煙室まであるそうです。

でも酒はダメなんですね。

ワンフロア全てイートイン

f:id:oniisann:20160924224807j:plain

階段ですぜ。

この先に何が待ち受けているのか……!

さあ、勇気を振り絞って登りやしょう。

お湯にゴミ箱

f:id:oniisann:20160924224940j:plain

手ブレで済みません。

ポットのお湯にゴミ捨て場。

食べ残しも捨てられるので大変充実していますね。

窓から北大病院が見える

f:id:oniisann:20160924225309j:plain

窓際にカウンター席がズラリ。

先程の北大病院を眺めることができます。

んー……まあ……。景観的には微妙です。

イチョウ並木とかが見えると最高なんですけどね。

テレビつき

f:id:oniisann:20160924225434j:plain

カウンター席から眺めるとこんな感じ。

電源が入ってませんでしたが天井から液晶テレビもぶら下がっています。

お客がいたので写すのをためらいましたが、左側には4人がけの席も3箇所くらいにありました。

禁煙席で22名ほど座れるようです。

沢山座れる喫煙席

f:id:oniisann:20160924225852j:plain

喫煙席はこのようにガラスのドアで仕切られています。

結構人数が入れますね。

先程の禁煙席と合わせたらコンパのひとつや二つは出来るでしょう。

手洗い場も完備

f:id:oniisann:20160924230113j:plain

トイレの他、このように手洗い場もあります。

これはうれしいですね。

飲酒OKにしたら?

現状では飲酒が禁止されていますが、有料にして飲酒もOKにしたら面白いんじゃないでしょうかね。

コンビニだからスナック菓子はもちろん、お腹が空いたら弁当・お握り・ファストフードが充実しているし。

  • 4リットルの焼酎
  • 炭酸水
  • カルピス原液など
  • ストロー
  • 透明カップ

のすべてが揃うから、大人数で飲み会するのにもコスパ最高です。

これが実現してしまうと、居酒屋チェーンは戦々恐々ですね。

まとめ

そんな感じでコンビニもイートインスペースが充実してきました。

そのうちファミレスや居酒屋、バーなどの飲食店の変わりとなるかもしれませんね。

店員さんはますます大変になりますが、おそらくレジが自動化されるので意外に何とかなりそうな気もします。

 

以上、北海道からでした。

 

全日本人羨望の的・東大がここ10年位で17位から39位へ世界ランクを下げた理由は国際化を怠ったからじゃないのかな。

海外ゲームブック事情 エッセイ

こんにつは。

ゲームブック投稿サイトの管理者です。

インターネットで世界がつながり始めて20年以上経ちますね。

筆者は英検二級程度の英語力なのですが、調子に乗って世界中(と言っても英語圏ばかりだけど)のゲームブック情報を収集しています。

そうすると英語圏ではゲームブックの状況が

  • 書籍ではなくアプリがメイン(そのため拡散しやすい)
  • 世界規模のゲームブック投稿サイトがある
  • 世界規模のゲームブック制作ツールがある
  • 世界規模のゲームブックのデータベースサイトがある
  • 世界規模のゲームブックコンテストサイトがある
  • 次々にスタートアップが設立している

と言う盛況ぶりに驚くのです。

日本でも多くの出版社やスタートアップ、有志の皆さんがゲームブックを制作してリリースをしていますが、規模が違うと言わざるを得ません。

なんでこれほどまでに取り残されているのかなあ?

と言う素朴な疑問があります。

 

目次

東大がヤバイ

これは当然ゲームブックだけに限られたことではありません。

www.huffingtonpost.jp

日本でその名を知らない人はいない名門中の名門、超一流大学の東大ですが、世界ランクでは何と39位だと言うではありませんか!

ショックですね。

そのソースは↓こちらのサイトです。

www.timeshighereducation.com

で、昔はどうだったのかなーと思ってググりますと、↓こんな記事を見つけました。

www.unipro-note.net

引用させていただくと、東大は2007年では17位でした。

約10年位の間に

17位 → 39位

と、大幅にランクダウンしているんです。

いろいろな要因が考えられますね。

ゆとり世代が何だとか、若年層が減って競争がゆるくなったとか。

ガラパゴスニッポン

でも多分、根本的な問題は非国際化というとこじゃないですかね。

例えば↓このエントリで触れたinkleという会社 

blog.gamebook.xyz

そのファウンダーはケンブリッジ大卒なんですよ。

前述の世界ランクでケンブリッジ大はベスト4と言う驚愕のランクなんです。

よくその高偏差値超エリートから直接筆者にメールで返答してくれたものだとビックリ+感謝感激しましたけどねー。

思わずケンブリッジ大をググりますと、海外からの留学生が目白押しみたいなんですよ。

東大もねー、留学生の受け入れ体制が整えばねえ……。

おそらく殆どの講義は日本語で行われるのでは?

優秀な海外留学性を受け入れればいいんですけど、日本語が理解できる優秀な方って相当限られるじゃないですか。 

日本のみなさんにお伝えしたい48のWhy (ぴあ書籍)

日本のみなさんにお伝えしたい48のWhy (ぴあ書籍)

 

↑この方とかね。

だから、優秀な海外の生徒さんが東大には行きたがらないんじゃないのかなー。

英語なら通じるってんで東大よりはケンブリッジとかハーバードにみんな行きたがるんじゃないかなー。

東京は世界有数で大変魅力的な街ではあるけど、言葉のハンデはそれほど隔離されたものなんでしょうね。

まとめ

そんな感じで日本はどんどん取り残されています。

ホリエモン信者じゃないですけど、こちらのご一読をお勧めしますよ。 

君はどこにでも行ける

君はどこにでも行ける

 

国際化、グローバル化って何も海外に行くことではないんですよ。

ネットでつながっているんだから、普通に海外の方とやり取りすればいいんです。

例えばロシアやフランスの方でも英語が通じる場合があり、到底到達し得ない情報やつながりと言ったものを、英語でならゲットできます。

筆者の様に英検二級レベルでもどうにかなるものですよ!

世界に目を向けましょう!

 

以上、北海道からでした。

 

「ソーサリー」や「火吹き山の魔法使い」などの英語版人気ゲームブックアプリが日本語訳されない理由は5つほどある話

海外ゲームブック事情 ゲームブック小話

こんにつは。

ゲームブック投稿サイトの管理者です。

先日このようなエントリをしたためました。 

blog.gamebook.xyz

ゲームブック最高峰とも評判・人気の高い「ソーサリー」の4部作がアプリ版ですべて揃ったのはいいですが、英語版しかないので、

日本語版のリリース予定はありませんか?

と聞いてみました。

blog.gamebook.xyz

↑以前TinManGamesに同様の質問をしたら

翻訳にコストがかかり、やってみたことはあるけど採算とれない

と言う理由で残念だけどできないとのことでした。

そこで今回は、キャンプファイヤーと言うクラウドファンディングサイトは手数料5%に引き下げられたからどうかと聞いてみました。

ソフトメーカーのinkleから早速返事が来たので、ご報告いたします。

 

目次

膨大な語句

ソーサリーは4部作の超大作。

ワード数は200万にも迫る分量だと言うのです。

ここで着目点はレターじゃなくて、ワードと言うところ。

つまり文字数ではなくて、単語が200万と言っているのです。

日本語では文字数で換算しますね。

一冊書き上げるのには大体10万字が必要と言われています。

それが単語となるともっと文字数が多くなります。

ざっと考えても6,7倍にはなるんじゃないでしょうかね。

つまり日本語の字数の感覚で言うと

200万 * 6 = 1200万字

と言うとてつもない分量の大作を翻訳しなくてはいけないのです。

これは物理的に無理じゃないでしょうかね。

パラグラフ遷移が煩雑

ゲームブックは順番に物語を読み進めるわけではないのはご承知の通り。

パラグラフと呼ばれるシーン毎にあっちへ行ったりこっちへ行ったりします。

選択肢によって様々な流れが発生しますが、翻訳者はその流れも掴んでおかねばなりません。

翻訳って単語や語句ごとに訳すのではなく、文全体や文章全体、或いは物語全体を把握した上で訳さねばならないことがあります。

例えば「have」という単語。

日本語訳は「持ってる」とか「所有する」と言う意味合いで取られがちかと思います。

でも意味はそれだけじゃないことも中学校で習うじゃないですか。

New Horizenのエレン先生に教わりませんでしたか?

  1. I have a pen.
  2. I have a cup of coffee.

上記文章で1は持っている、2だと飲むと言う意味に訳しますよね?

同じhaveでも全く別の意味になります。

なので「have」だけ眺めていては正しく翻訳できないのです。

inkを理解しなくてはならない

Sorcery!はinkleの提供するツール「ink」で書かれています。

上記に述べたようにこのツールで物語が遷移するのでこのツールやツールで書かれるスクリプトを理解しないと流れが分かりません。

要するに翻訳者は英語力・日本語力のみならず、inkと言うツールの仕組みや書かれたスクリプトも理解する能力が要求されるのです。

これは余程スキルのある人じゃなくては出来ることではありません。

チェックをどうする?

inkleはゲームのクオリティには非常に拘っています。

描かれるグラフィクスは美しいアニメーション処理が施されますし、流れるBGMや音響も場面にマッチした心地よいものです。

自ずと文章も高品質な物が要求されます。

上記条件を乗り越えて何とか翻訳をしたとしても、それがinkleの考える水準を満たしているかどうかをチェックする手段はどうするのか。

チェックする側としても前述の膨大で高度な精度の作業が必要となります。

クラウドソースの利用は?

ユーザーからクラウドソースを利用してはどうかと言う声があったそうです。

クラウドソースはネット上に英文を晒し、それをボランティアの有志たちで作業をしていこうというものです。

ある意味Wikipediaも似たような感じですよね。

誰がというわけでもないけれど、記事は有志たちで書かれています。

ただこれも弱点があり、Wikipediaが時事的なニュースが流れると修正合戦になったり、ウケを狙った編集合戦が行われたり、保護されたり、削除されたりします。

ましてや品質を保てるかどうか。

そしてゲームブックはネタバレしちゃうとマズイ媒体なので、ネットで晒した時点でゲームの価値が暴落してしまいます。

なのでクラウドソースの実現は無理なのです。

まとめ

以上のように

  • 採算が取れないこと
  • 膨大な作業量であること
  • 翻訳者に求められるスキルが高すぎること
  • チェックする作業量も膨大であること
  • 秘密裏になされなければならないこと

と言うような理由で英語版ゲームブックアプリは日本語版がリリースされません。

恐らく今後も出てこないでしょう。

例外的なのはLifelineシリーズ。

このように多国語展開されるゲームブックは

  • 日常会話程度の平易な文章
  • 二択だけで物語が分岐する構造のもの
  • 画像なしでテキストだけのもの

に限られるようですよ。

「火吹山の魔法使い」や「ソーサリーシリーズ」をアプリでプレイしたい方は英語の勉強と割り切って、ググりながらプレイしてみて下さい。

 

以上、北海道からでした。

 

さて、あなたはどうする?
GameBook.xyzへもどる→1
Googleへ行く→14