Yoyogi Jotaro の何だかよく分からないブログ

主にゲームブックについて語ります。他、北海道ネタ、ホリエモン、雑談など

カナダでかくない? さらには英国女王がカナダの君主を兼ねてるって知ってました? 初耳で済みません。

こんにつは。

ゲームブック投稿サイトの管理者です。

最近は会話形と言うかチャットフィクション型(?)のゲームブックを牛歩のごとく書き進めています。

つい先日英語のゲームブックを制作してイギリスのテキストアドベンチャー投稿サイトに短編をアップしました。

その時に目からウロコな発見をしてしまいましたのでご報告したいと思います。

 

目次

投稿作品

先日、こちらの作品を(英語で)アップしました。

https://media.textadventures.co.uk/coverart/de7414fb-477f-47f8-9c22-c33e19f098b3.jpg

A Rainy Day - Play online at textadventures.co.uk

そして、リンクにGoogle URL Shortenerを利用し、

  • アクセス数はどうかなあ
  • どの国から閲覧されているのかなあ

とほのぼのと眺めておりました。

すると、アメリカの北部に位置する国からアクセスがありました。

カナダでかい!

そうなんですよ。カナダです。

  • カエデの葉っぱとか
  • USAの北部とか
  • 公用語は英語とか
  • カーリー・レイ・ジェプセンやジャスティン・ビーバーの出身地だとか

その程度しか筆者には認識がありませんでした。

が、次の瞬間、筆者の知らないカナダがその神秘を露わにしました。

f:id:oniisann:20170722222236j:plain

↑はい。こちらが確認の画像です。

注意深く印を付けてみましょうか。

f:id:oniisann:20170722222313j:plain

↑はい。ここまでがカナダだそうです。

でかくね?

北海道も11都府県よりも大きいとはよく言われますが……。

でも先に提示した世界地図ではその比じゃないですよね。

そう思ってググりますと、

f:id:oniisann:20170722222856j:plain

 

Wikipediaにはこう載っていました。 

f:id:oniisann:20170722222905j:plain

カナダ イギリス連邦加盟国であり、英連邦王国のひとつ。北アメリカ大陸北部に位置し、アメリカ合衆国と国境を接する。首都はオタワ(オンタリオ州)。国土面積は世界最大のロシアに次いで大きい。

何と……。

世界最大のロシアに次いで大きいですと!

要するに世界第二位ってこと?

凄いですね。 

一番じゃなきゃダメですか?

一番じゃなきゃダメですか?

 

一番じゃなきゃダメなんでしょうか?

いえ、いんじゃないですかね。

君主はエリザベス2世!?

そして、何の気なしに読んでおりますと、

イギリス連邦加盟国であり、英連邦王国のひとつ。

とあるではありませんか。

f:id:oniisann:20170722223653j:plain

↑で、Wikipediaをよく見ますと、女王のエリザベス2世ってなってますよね。

そこをクリックするとエリザベス2世は

2016年現在の今日においては、(現在まで存続している)前述の4か国(イギリス、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド)に加え、ジャマイカ、バルバドス、バハマ、グレナダ、パプアニューギニア、ソロモン諸島、ツバル、セントルシア、セントビンセント・グレナディーン、ベリーズ、アンティグア・バーブーダ、セントクリストファー・ネイビスが女王を君主としている。こうしてエリザベス2世は、合計16か国の君主を兼ねている。

16カ国の君主でもあらせられるのですね!

いやあ~~凄い。

目からウロコ。

そして、本当に申し訳ありません。

筆者はこの事実を初めて知りました

初耳学です。

林先生が驚く初耳学! (1)

林先生が驚く初耳学! (1)

 

多分世界史を学んだ方なら常識なんでしょうね。

今なら小学生でも知っているかもしれませんね。

不勉強を恥じております。

まとめ

そんな感じで海外のサイトにゲームブックを投稿すると目からウロコの発見がありますので、ぜひあなたもどうぞ。

ちなみに筆者は下記の作品も投稿しています(未完成で追記中)

ひとつよろしくお願いいたします。

f:id:oniisann:20170712092952j:plain

JK Gamer with Blind

以上、北海道からでした。

 

ファイティング・ファンタジー・レジェンズ」が7月28日(現地時間)がNomad Gamesよりリリース。日本語対応で火吹山などアランシアを彷徨い給え。

こんにつは。

ゲームブック投稿サイトの管理者です。

北海道で全国最高気温という猛暑の中、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

さて今回は往年のゲームブックファンにはたまらない、ファイティングファンタジーのゲームがリリースされるというニュースです。

f:id:oniisann:20170716101539j:plain

海外メーカーが制作するゲームは日本語化されることは殆どありませんが。

blog.gamebook.xyz

今回の「ファイティング・ファンタジー・レジェンズ」は何と日本語版もリリースされる模様!

これはファンには朗報ですね。

 

目次

Fighting Fantasy Legendsの概要

舞台はアランシア。

言うまでもなく、火吹山の魔法使いを始めとするファイティングファンタジーの作品の世界観を構築する上で派生した架空の大陸。

f:id:oniisann:20170716101632j:plain

勇者はアランシアへ降り立ち、数々の敵と戦いながら、カードをゲットしていくという、Pokemonみたいなゲームです。

百聞は一見に如かず。

動画をご覧いただければ雰囲気が手に取るように分かります。


Fighting Fantasy Legends: Gameplay Trailer

凄いですね。

バトルシーンのサイコロが転がるさまがリアルです。

あとは広大なアランシア大陸を彷徨って下さい。

リビングストン先生出演

動画にはイアン・リビングストン先生が出演している貴重なものもあります。


Fighting Fantasy with Ian Livingstone.

英語力のある方はぜひどうぞ。

ディベロッパーのサイトにイアン・リビングストン先生の言葉も載っていて、筆者の英検二級レベルの英訳では下記のとおりです。

“I am delighted that Nomad Games have developed Fighting Fantasy Legends. As fans of Fighting Fantasy, we know the Nomad team has gone the extra mile in making their game not only exciting, but as realistically authentic as possible. Exploring Port Blacksand, Firetop Mountain and the Citadel should be a delight for the fans of the books!” 

「Nomad Gamesがファイティングファンタジーレジェンズを制作してくれて嬉しい。ファイティングファンタジーファンのように、我々はNomad Gamesのチームがゲーム制作に辺り大幅な拡大を行い、エキサイティングなだけではなく、可能な限りリアルで本物っぽく仕上げてくれたことを理解している。ポート・ブラックサンド、火吹山、そして要塞を冒険する事はゲームブックのファンにとって嬉しいに違いない!」

 詳細

さらにディベロッパーのサイトに下記の説明が載っています。

The game will feature three iconic books from the series – City of Thieves, The Warlock of Firetop Mountain and Citadel of Chaos.

このゲームは3種類の象徴的なゲームブックを主としている – 盗賊都市、火吹山の魔法使い、バルサスの要塞 

そうなんですね。

ということは(筆者は会ったことありませんが)ザンバー・ボーンと、(ズルして倒したことのある)ザゴールとバルサスをまた倒せばいいんですね。

でも今回ばかりはズルできなさそうなので、そこが難点です(?)

日本語版がリリースされる

はい。

筆者が強調したかったのはここです。

日本語版がでます

何でもイアン・リビングストン先生によると、日本語版のファイティングファンタジーシリーズは300万部以上売れたようなんですよね。

(ファイティングファンタジーが日本で発売されたのかを受けて )

確かに日本でリリースしたよ。1980年代に300万部以上売れたんだ。1986年にスティーブと一緒の素晴らしかった作家のツアーを思い出すよ。素晴らしいファンだね。

イアン・リビングストン先生の日本に対する想いが実を結んだのか、ディベロッパーのSteamのページにはこちらの表記が。

f:id:oniisann:20170716100219j:plain

見ましたか?

f:id:oniisann:20170716100410j:plain

↑Japaneseの文字が!!

これは凄いことなんですよ。

外国語に翻訳する経費と、その国で販売した儲けを差し引くと赤字になるケースがほとんどなので、海外のディベロッパーは日本語版とか出さないパターンが多いんです。 

blog.gamebook.xyz

↑先程も言いましたとおりです。

↑これはこちらのChorus Worldwideさんが動いてくれているからのようですね。

まとめ

よくぞNomad Gamesはリリースすると決めてくれたものです。

そしてChorus Worldwideさんのご協力にも感謝したいですよね。

皆さん、ぜひお誘い合わせの上、買いましょう。

store.steampowered.com

なお、Steam版の他、iOS・Android版もリリース予定の模様。

Fighting Fantasy Legends will be coming to Steam, iOS and Android this summer.

詳細はサイトのニューズレターでご確認下さい。

 

以上、北海道からでした。

 

サイトやブログを英語にしたり、英語のサイトを日本語で読む方法。これであなたも国際派です!

こんにつは。

ゲームブック投稿サイトの管理者です。

既にご存じの方も多いかとは思いますが表題の件をお伝えします。

ネット社会は情報が行き交い、国境ですら容易に超えます。

ただ問題となるのが言葉。

スピードラーニングなども非常に人気がありますね。

英語くらいならまだしも、ドイツ語、フランス語、スペイン語ともなるともう、何語であるかさえも分からないレベル。

筆者などもドイツの方とTwitterで英語でカタコトのやり取りをしたらと、翻訳機能があればなあと思いますよね。

そこで、今回はGoogle先生のご協力により

  • 自分のブログやサイトを外国語で表示させる方法
  • 外国語のブログやサイトを日本語で表示させる方法

をお伝えしたいと思います。

 

目次

日本語から外国語へ変換

例えば筆者のこのブログ記事を英語に変換してみたい場合。

f:id:oniisann:20170715120842j:plain

 

f:id:oniisann:20170715120845j:plain

↑ブラウザ上部に表示されているURLをコピーします。

 

f:id:oniisann:20170715120851j:plain

↑「翻訳」でググります。

Google翻訳のサイトへ移動します。

 

f:id:oniisann:20170715120854j:plain

↑そこで、左の欄で日本語を選び、右の欄では英語を選びます。

楕円で囲った部分に先程コピーしたURLを貼り付けます。

 

f:id:oniisann:20170715120857j:plain

↑右の欄に自動でURLが生成されます。

それをクリックしてみましょう。

 

f:id:oniisann:20170715120900j:plain

↑こんな感じで英訳してくれます。

海外の方に読んでほしい場合はこのURLを紹介してあげると良いでしょう。

※ページは、元の場所からセキュリティで保護された接続を使用せずに取得されるそうですので、自己責任でお願いします。

簡単ですね。

これで海外の方々へあなたのブログやサイトを紹介してみて下さい。

外国語から日本語へ変換

例えばこちらのCNNのサイト。

f:id:oniisann:20170715120904j:plain

 

f:id:oniisann:20170715120907j:plain

↑先ほどと同様の方法ではなぜかうまく表示されません。

 

そこで、GoogleChromeを利用しましょう。

www.google.co.jp

 

f:id:oniisann:20170715121125j:plain

↑Chromeでページを表示させ、適当なところで右クリックすると、上記メニューが表示されます。

日本語に翻訳(T)をクリックしてみましょう。

 

f:id:oniisann:20170715120914j:plain

↑はい。見事に日本語に翻訳されています。

弱点はテキストが画像だと変換されないところです。

でもこれを応用してドイツ語、フランス語、スペイン語……などなど、あらゆる言語を日本語に翻訳してくれます。

まとめ

もはやグローバル化は拡大の一途を辿っています。

日本ばかりではなく、海外にも注目すればいろいろな可能性が拓けるとは思いませんか?

ぜひ試してみて下さい。

 

以上、北海道からでした。

 

さて、あなたはどうする?
GameBook.xyzへもどる→1
Googleへ行く→14