読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Yoyogi Jotaro の何だかよく分からないブログ

主にゲームブックについて語ります。他、北海道ネタ、ホリエモン、雑談など

KickstarterでFighting FantasyのYOU ARE THE HERO Part 2のクラウドファンディング中! バッカーになってみては?

こんにつは。

ゲームブック投稿サイトの管理者です。

筆者はKickstarterでバッカー(出資者)になったことがあります。 

blog.gamebook.xyz

その結果、ゲームブックアプリをダウンロード出来たり 

blog.gamebook.xyz

壁紙をもらえたり 

blog.gamebook.xyz

火吹山のPCゲームを入手できました。 

blog.gamebook.xyz

 

今、Kickstarterでは「YOU ARE THE HERO Part 2」の制作資金を募っています。

www.kickstarter.com

2012年にPart1のファンディングを行っており、こちらが制作されました。 

You are the Hero

You are the Hero

 

 ↑ファンには堪らない逸品に仕上がっています(……と思います)

これは注目ですね。

今回の企画で面白いのは出資金額のコース名。

バルサスの要塞に出てくるキャラが盛り込まれていますよ。

※以下画像はYOU ARE THE HERO Part 2 by Jonathan Green — Kickstarterより引用

f:id:oniisann:20170313222856p:plain

↑猿犬ですね。

f:id:oniisann:20170313222925p:plain

↑勿論犬猿もいますよ。

f:id:oniisann:20170313222946p:plain

↑カルコルムです。スティーブ・ジャクソン(UK)先生とイアン・リビングストン先生のサイン入りでパート2を入手できるようです。

f:id:oniisann:20170313223120p:plain

↑で、Clawbeast……クロービースト!?

爪のバケモノ?

旧版の表紙になっている彼のこと? 

バルサスの要塞-アドベンチャーゲームブック (2)

バルサスの要塞-アドベンチャーゲームブック (2)

 

でも彼は一体どの場面で出くわすんですかねえ……!?

 今初めて知りましたよ。

f:id:oniisann:20170313223403p:plain

↑ガンジーいますねガンジー。

↓この方とはエライ違いですね。 

ガンジー (字幕版)

ガンジー (字幕版)

 

スペル違うか。

このモンスターも謎ですね。

バルサスの要塞くらいにしか出てこないような存在ですよね。

f:id:oniisann:20170313223622p:plain

↑ほほう。黒の塔がありますよ。

ブラックタワーって言われるとザ・ブラック・オニキスを思い出しちゃうのは筆者だけ? 

ザ・ブラックオニキス

ザ・ブラックオニキス

 

で、この特典がすごいのは、

f:id:oniisann:20170313224326j:plain

スティーブ・ジャクソン(UK) 先生(右)と

イアン・リビングストン先生(左)と共に

食事ができる!

と言うところです。

ファンなら垂涎のRewardですね。

現にもう売り切れですけどね。

10名限定で。

そして、一名様だけの最高級Rewardはロックされております。

解除する方法があるのかは知りませんが、凄いですよ。

その名もバルサスダイア、その人だ!

f:id:oniisann:20170313224107p:plain

↑スペルは「Balthus Dire」なんですね。

The Black Towerの特典も凄かったけど、それ以上の特典って何だったんでしょうかね?

はい。

そんな感じでお二人に直接お会い出来る特典はもう残っていないようですが、サイン入りの書籍が貰えたりするので、我と思わん方はどうぞ。

www.kickstarter.com

(ただし、開催地がイギリスのため、日本での送料がどうなるかなどは筆者は確認できていませんので、ご自身でご確認をお願い致します)

筆者が計算間違いしてなければ日本時間で4月1日午後10時まで開催中。

ちなみに開催してから24時間でファンディングに成功したようですよ。

根強い人気を誇るファイティングファンタジーでした。

 

以上、北海道からでした。

 

電子書籍はフォーマットの見直しが必要。単にウエブページ(HTML5)を課金や管理が出来るようにすればいいだけだと思います。

こんにつは。

ゲームブック投稿サイトの管理者です。

筆者はミニマリストというわけではありませんが、近年になって徐々に物を手放して生きたいと思うようになりました。

なので紙媒体の書籍より、電子媒体の書籍を好んでいます。

物ではないという点で、配達不要ですぐ入手できます。

www3.nhk.or.jp

↑配達を頼むと大変ですものね。

そして物がたくさんあると片付けるのが超大変です。

アレがない、コレがないと探す事に人生を費やすのももう飽きました。

その割に、日本では電子書籍の割合は紙も含めた中では2割程度。

まだ読者が紙媒体を多く好んでいるということもあるでしょう。

それ以外にも、出版社側の都合ですが、大変みたいですね。

d.hatena.ne.jp

↑ちきりんさんが分かりやすく電子書籍を出版社がリリースするのは紙媒体と比べて大変だと綴っています。

筆者はゲームブックにとどまらず、書籍全般を電子媒体で出版する事に枠組みを移したいと思いますが、解決策は実にシンプルだと思います。

 

目次

HTML5でいんでない?

はい。

単にWebページを見るように電子書籍が閲覧できればいいと思いません?

正確にはHTML5ってなことになるんでしょうが。

現状のWebページで下記全てが表現できます。

  • 文章
  • 画像
  • 動画

既に紙媒体の書籍を超えて、テレビやビデオのような機能を持ち合わせています。

閲覧も、日本語なら縦書きにこだわらず、別に横書きでもいいし(現に横書きの国語辞典ですらあるし)

ページという概念も基本的に不要ですよ。

ずーっと縦スクロールすればいいだけの話じゃないですか。

章や、話題が変わる部分で別のWebページという作りにしてもいいですけどね。

ブログエントリのほうが書籍より表現力がリッチという逆転現象が起こっています。

電子書籍をKindleに絞って話しますと、文章だけならまあまあだと思います。

ただ、画像や表などを入れたい場合がありますが、その途端難儀になるのです。

レイアウトが固定できないからなんですね。

紙にこだわり過ぎ

だからページという概念も取っ払ってほしいんですよね。

電子なのに紙の古い体制に当てはめようとするから無理が生じるんです。

移動手段として、馬車の代わりに車が出た時、タイヤという発明があったから足で前進するよりも速く走れるのです。


BigDog Overview (Updated March 2010)

これが足に拘って、とにかく四本足で歩くロボットだったら、スピードを早く走らせるのも大変だし、それに乗る人も乗り物酔いしますって。

そうなんですよ。

今電子書籍を読む人は読み物酔いをしているんですよ。

それなのになぜ紙媒体のような挙動にこだわるのか。

残念ながら人間の惰性感になじまないからでしょうね。

課金と言う難問

あともう一つは課金が難しい。

Webページの多くは無料で提供されています。

「ここから先は有料です」

と言われた途端にユーザーは退去してしまう。

そのため、広告収入に頼るしかなくなっています。

noteなどの新サービス

でも事態はいろいろ変化の兆しがあります。

note.mu

noteと言うサービスは、Webページより明らかに劣化しているUIなのに、

  • ここでしか読めない記事
  • 有益な内容の記事
  • お金出しても読みたくなる記事

と言う価値を見出し、購入しているユーザーが大勢いると言う事実は注目です。

なのでコンテンツ次第で販売は可能かと思います。

あとは違法コピーをどう防いで管理するか。

Webページはコピーペーストが容易です。

なのでそういうのが出来ない閲覧アプリケーションの開発が必要でしょう。

ちなみに筆者も試験的にnoteでゲームブックを販売しています。

note.mu

ご興味がお有りでしたらどうぞ……。

まとめ

そんな感じで、まだまだ紙から電子媒体への以降は時間がかかりそうですが、いずれ電子が主流という日が来ることでしょう。

 

以上、北海道からでした。

 

AXMA Story MakerがWindowsで日本語入力できないので、LinuxディストリビューションUbuntuを入れてみた。

こんにつわ。

ゲームブック投稿サイトの管理者です。

先日このような記事を認めました。

blog.gamebook.xyz

これいいなあ〜っと思っていたのですが、致命傷を発見。

なんと筆者のWindows環境では日本語入力で文字が入らない!

f:id:oniisann:20170307212943g:plain

これは困りました。

オンライン版もダウンロード版も同様です。

全部英語で作るには筆者の英検二級レベルでは無理です。

斯くなる上は……。

Linux版を利用しよう!!

 

目次

Ubuntu

知る人ぞ知るLinux。

実は無料で提供されているOSで、意外にアプリケーションも充実しているのです。

とりわけ「Ubuntu(ウブントゥ)」はDVDから起動させ、パソコンの変更一切無しで利用ができるのです。

f:id:oniisann:20170307214757p:plain

↑実行画面の一例

それを利用すれば、Windowsが起動しなくなったパソコンからデータを取り出すと言うこともできる場合があるほどなのです。

その特徴は下記の通り。

ネットができる

f:id:oniisann:20170307215557p:plain

Ubuntuはドライバも充実しているのでDVDから起動してネット接続もできます。

付属でFirefoxがあるので、ウェブページ閲覧や、フリーメールの送受信も可能です。

オフィスソフトも充実

f:id:oniisann:20170307215608p:plain

さらにLibreOfficeも付属しています。

これは無料で利用できるワープロ、表計算、プレゼンテーションソフトたちのこと。

MicrosoftのWord、Excel、PowerPointと互換性もあるので重宝しますよ。

画像ソフトもあるよ

f:id:oniisann:20170307215616p:plain

おまけにフリーの画像処理ソフトも追加できます。

Windows版でも重宝されるフォトショップ風のソフトGIMPはもちろん、イラストレーター代わりに使えるInk scapeもダウンロードできます。

以上の通り、ほとんどWindowsと同じような感覚で使えますよ。

果たしてAXMAは?

Ubuntuのインストール方法などはこちらを参照していただくとして、筆者は自分のパソコンにインストールし、Windowsとのデュアルブート環境にしました。

これでいつでもWindows、Ubuntu、どちらも使えます。

普段はWindowsを使い、AXMA Story Makerを使うときだけUbuntuをブートすればいいわけです。(ってちょっと面倒くさい)

ここまでして肝心のAXMA Story Makerが日本語入力できんかったら間抜けですね。

果たしてどうか?

 まずオンライン版では……。

f:id:oniisann:20170307220209p:plain

おおっ!!

日本語が打てるぞ!

良かった!

でもローカルにインストールしようと思ってもうまく行きませんでした……(T_T)

ま、いっか。

まとめ

そんな感じでAXMA Story Makerで日本語入力できないという方はぜひUbuntuを利用してみてください。

(まあ、ちょっと大変ですけど)

先に述べた通り、パソコンとしては動くんだけど、Windowsが動かないとか不安定の方は思い切ってUbuntuを使ってみるのも手ですよ。

ブラウザでネットができれば多くのことができますしね。

(因みにこのエントリはUbuntu環境で作成しました)

 

以上、北海道からでした。

 

さて、あなたはどうする?
GameBook.xyzへもどる→1
Googleへ行く→14