e.GameBook.Xyzのブログ

主にゲームブックについて語ります。他、北海道ネタ、ホリエモン、雑談など

ゲームブックを再定義したい件

こんにちは。

ゲームブック投稿サイトとマーケットサイトの管理者です。

「選択肢を選び続ける物語」と言うコンテンツはあなたの人生にも多大な好影響を与えることでしょう……。

個人的な話ですが、最近まで東京(秋葉原付近)に2ヶ月程度の出張を経て北海道に戻ってきました。

自分の身の回りでは地震の影響は殆どありませんが、一部の地域ではかなりの被害があった事が伺われます。

一日も早い復旧を祈念しております。

さて今回は、筆者がゲームブックのサイトを運営している理由について触れたいと思います。

 

目次

ゲームブックは懐かしくない

まずゲームブックは1980年台に流行り、その後オワコンになったという取られ方が非情に多いんですよ。

ネットでそのような記述を見るたびに筆者は嫌になっていしまいます。

度々Twitterで発言したりブログでエントリを書いていますが、いろいろとリリースされていますって。

blog.gamebook.xyz

blog.gamebook.xyz

↑2年ほど前にはこんなエントリ書いたし。 

リアル脱出ゲームブックvol.2 ルネと秘宝をめぐる旅

リアル脱出ゲームブックvol.2 ルネと秘宝をめぐる旅

 

 ↑11月28日に新作出ますし、このエントリ執筆時点でカテゴリ別ベストセラー1位ですよ?

ジャンルもファンタジーやRPGだけでなく、SFとか恋愛とか謎解きとか冒険など……。

多岐にわたる作品が創作されていますのでぜひ楽しんでください。

新しいフォーマットならバズる!?

まだまだサイト自体作りかけなのですが、電子媒体のゲームブック、eゲームブックと言う新ジャンルを提唱して行きたいと思っています。

今の所TwineやAXMA Story Makerというツールで生成されたhtmlファイルを投稿するのみとなっていますが、そのうち筆者自作のツールを仕込みたいと考えています。

会話形のゲームブック

LINEなどのトークアプリが定着しているので、小説もチャットフィクションがじわりと人気が出ています。

テキストだけなんだけども漫画のネームを読んでいるような感覚がティーンエージャーを中心に受け入れられているんですね。

blog.gamebook.xyz

↑実際Lifelineがもろそのフォーマットに二択の選択肢を取り込んでデジタルゲームブックとして人気を博しています。

そういうフォーマットのeゲームブック作成ツールを内包したサイトにしたいんですよねえ。

漫画のゲームブック

すでに紙媒体ならいくつかリリースされていますが、これを電子媒体にするとかなり面白いことになると踏んでいます。

おそらく日本の漫画は世界で「Manga」と呼ばれているように、数少ない日本初で世界一を狙えるコンテンツなのではないでしょうか。

秋葉原周辺にいるとそう実感します。

ノベルゲームとも似て非なるコンテンツとしてのフォーマットが望ましく、いつになるのかわかりませんが、サイトにツールを実装できればと考えています。

ゲームブックを再定義したい

これにつきますよ。 

スティーブ・ジョブズ I

スティーブ・ジョブズ I

 

ジョブズが携帯電話を再定義したように私はゲームブックを再定義したい。

スマートフォンは世界を変えましたが、ゲームブックも小説や漫画や音楽など、それらに匹敵するほどの人を感動させるパワーを秘めていると思っているからです。

だって人生は選択の連続。

それをフィクションだからやり直すことができるんですよ?

↓この本にも書いてありましたが 

バカとつき合うな

バカとつき合うな

 

「選択肢を考える力」は大切。

筆者などはそれこそ人生で一番重要じゃないかと思います。

なのでゲームブックをプレイするのはまず基本で、ゲームブックを作成する過程に本当の価値があります。

それにより人生で行き詰まったときに「なにか方法はないか?」と考えて答えを出す能力を養うことが出来るはずなんですよ。

何だか今の所それに気づいているのは筆者だけなのかなーと思っちゃいますね。

まとめ

そんな感じで、ゲームブックを作ってみたいなーと思った皆様。

ぜひゲームブック投稿サイトや、ゲームブックマーケットサイトにお越しください。

 

以上、北海道からでした。

 

「ワタモテ」著者の「ちょく!」を全巻大人買い&読了。何度も読み返してしまう中毒性がある純情な変態(!?)ラブコメ

こんにちは。

eゲームブックを推進しているものです。

投稿サイトやマーケットサイトを運営していますので。

ぜひお立ち寄りください。

その割には今回もゲームブックネタではなく、漫画のレビューになります。

(すいません)

最近再ブレイクした「私モテ」 

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! 13巻 (デジタル版ガンガンコミックスONLINE)

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! 13巻 (デジタル版ガンガンコミックスONLINE)

 

その作者である谷川ニコ先生の恋愛コメディ 

ちょく! 1巻 (デジタル版ガンガンコミックスONLINE)

ちょく! 1巻 (デジタル版ガンガンコミックスONLINE)

 

「ちょく!」の全巻(1~4)を読破し、何度も読み返してしまったのでその時の模様を報告いたしますッ!

類まれなる純愛なラブストーリーだと(筆者は)感じましたので筆を執らずにはおられませんでした。

 

目次

容姿端麗なのに変態?

まずはこちらをご覧ください。

f:id:oniisann:20181102103213j:plain

↑男子高校生、直(なお)がトイレから出ようとしたときにJK芹花(せりか)とバッタリ。男子トイレになぜいる!? うんこ??

f:id:oniisann:20181102103426j:plain

↑やばい人と関わり合わないほうが良いと判断した直(なお)に立ちふさがり、興奮のため鼻血噴出。一目惚れし脊髄反射的に告白する芹花(せりか)。

互いに初対面。

これは強烈ですね。

さて、直はどちらの選択肢を選ぶのか?

もう、この流れに食い入るように筆者は銀行口座に残金僅かなのを知りつつ、カードでAmazonポチしてしまいました。

もちろん全巻まとめて、大人買い。

賛否両論のAmazonレビューの中、筆者はのめり込んで何回も通読しました。

中毒性がありますね。

どんな話?

できるだけネタバレしない感じでお伝えします。

(冒頭の4ページはあらゆる漫画販売サイトで無料で閲覧できるページですので転載をご了承いただければと思います)

発達障害と思われるJK「芹花(せりか)」が純粋で陰キャでぼっち(しかも成績が悪い、体力もない)の容姿だけはスカウトされるレベルの高校生1年の 男子「直(なお)」に一目惚れし、ひたすら恋愛成就のために破天荒な行動を起こすラブ・コメディーです。

登場人物

芹花

まあ、ご覧の通り芹花はちょっと変態入っています。

まず空気というものが全く読めません。

思ったことをすぐに口走るし、口調はビジネスライクでJK特有の話し言葉は一切ありません。

無表情で国語を苦手としており、相手の感情を読み取ったり自分の感情表現と言った意思疎通が困難。

その割には感情の起伏が激しく、無表情のまま喜怒哀楽を隠すことなく所構わず顕にします。

何というのか、恥じらいという感情が気薄ですね。殆ど無い。

直に対する恋愛感情だけは顔を顕著に赤らめるのと好対照です。

もう少し行き過ぎるとストーカーになるレベルですが、純粋に直を一途にひたすらに思いを募らせているのが随所に現れているんですよ。

ただ、お相手の直にしてみれば困惑と徒労が半端ないです。

ひたすら振り回され、意味のわからない言動に翻弄され、彼の高校生活は一変してしまいます。

もっとも、ぼっちでクラスで忘れられがちな存在の彼にとっては芹花は唯一の友達と言っていいでしょう。

直はコミュ障という訳ではありませんが、特に友達を必要としないタイプです。

一人で恋愛ゲームを楽しむタイプで秋葉原に良く通っています。

芹花に秋葉原に送ってもらったり、日々の様々なやり取りもあって、直としては友達として居てほしいと思っていますが、それが果たして恋愛まで発展するのか……!?

中学生までは勉強が出来たようですが、進学校に入り追いつかないようで成績は1年生の夏休みの時点で留年するほど悪い状態。

困った直に芹花が一肌脱ぐと言う展開もありますよ。

恋愛模様

直にしてみれば芹花の愛情は重たいでしょうね……。

ただ読者(というか筆者)は芹花の純粋な恋愛感情を応援したくなるのですよ。

ちょっと病的ではありますが、直とのデートであったり、看病であったり、家事に対して全力投球なんですよ。

直の関心を引くためなら自己犠牲も厭わないのでちょっと心配です。

全般的に言動がストーレートすぎるので周りはかなり引いてますしね。 

でも芹花は直の成績がものすごく悪いと知っても普遍の愛情を訴え、直の将来がニートであっても自分が子供含めて稼ぐから心配しなくていいと伝えています。

なんだかすごく一途な想いがひしひしと伝わってくるので、なんとか恋愛成就しないものかと読者は次のページを繰るのです。

自身の性格のため思い違いも多く、それにより気分が天国から地獄まで突き落とされたりもし(と言っても本人の勘違いなので直が悪いというわけではない)波乱な展開が待ち受けているのです。

芹花はエロい考えも躊躇なく発言するのですが、鼻血出血で暴走に歯止めがかかったりするので、そんなに変態っぽい印象は(筆者には)ありません。

黙っていればクールビューティーなのが芹花です。

まとめ

直が恋愛ゲームに耽り、選択肢を選んだあと

選択間違えたかな?

と葛藤するシーンが見ものです。

迫りくる芹花に直がどういう選択肢を取るかを見守る物語でもあります。

定期的な漫才のようなボケとツッコミがあり、感情表現の乏しい芹花が嬉し涙を流すシーンには涙腺がうるっときたり。

恋愛や進路で悩んだり、葛藤があったり。

こんな青春も歩んでみたかなあ(?)と思える夢中になれる作品です。 

ちょく! 1巻 (デジタル版ガンガンコミックスONLINE)

ちょく! 1巻 (デジタル版ガンガンコミックスONLINE)

 

どうぞお読みください。

 

以上、秋葉原からでした!

 

追伸

作中で芹花が笑顔を見せる描写がありません。僅かに感情の高まりから鼻から大量に出血し、気絶した時に満足げな微笑を浮かべるのが2回ある程度です。笑顔の芹花が見れたら最高なのですがね。続編出ないかな?

 

フェイクニュースがお流行りですね。ひろゆき氏の「嘘を嘘と見抜ける人じゃないとインターネットは難しい」と言うセリフの大切さを思う。

こんにちは。

さあ、選択肢たちを売っちゃいましょう。

買ってももちろんOK!

eゲームブック売買サイトの管理者です。

今回のテーマはフェイクニュースについて。

虚構新聞ですらよく出来ていて一瞬「まさか!?」と思ってしまう昨今。

フェイクニュースには気をつけましょう。 

それでは最近のフェイクニュース三段をご紹介します。

ってか皆さんすでにご存知かもしれませんが……!?

 

目次

水道の蛇口

news.livedoor.com

↑はいこちら。

水道の蛇口のひねるところに丸い部品がついていますがそれが青なら飲料水、色なしなら飲めないというもの。

筆者はホームセンター勤務経験があるのですが、「そうだったけ?」と変に思いましたが色なしの蛇口を売ったことがなかったので真相はわかりませんでした。

なので危うく騙されるところです。

そもそも日本では飲料水ばかりで、飲めないところに「これは飲水ではありません」と言う注意喚起するのが一般的。

少し考えれば気づけたかもしれませんね。

サイバーエージェントの食堂

↑こちらはサイバーエージェントで社員のことを思って社食作ったら、それが当たり前になって社食に文句を言われるようになり止めた、というTweetに対して社長が自ら否定したもの。

本人否定したTweetのRT数よりもとのフェイクニュースTweetの方がRT多いと言うネット特有の、拡散したら火消しが間に合わないという状況。

社食はこれから作るんですって。

藤田社長もいい迷惑ですね。

戦場取材の掟

headlines.yahoo.co.jp

↑こちらは先日開放された安田さんの様々な報道やネットの噂についての否定。

戦場カメラマンとして著名な渡部陽一さんが戦場取材の掟なるものを提唱したとされており、それは違うと否定したもの。

8項目あるようで、その中で

捕まるやつはその時点でジャーナリスト失格

という部分がネットで拡散中のようです。

これもなかなかウラを取るのは難しいですが、本当に渡部さんがそうおっしゃっていると思うのならせめて彼のサイトくらいは閲覧すべきでしょうね。

渡部さんは精力的にネットで情報発信していますし、Twitterでは毎日のように発言しています。

まとめ 

無敵の思考 ――誰でもトクする人になれるコスパ最強のルール21

無敵の思考 ――誰でもトクする人になれるコスパ最強のルール21

 

そんなわけでネットにはフェイクニュースが溢れています。

上記に上げた3つのフェイクニュースはここ数日の間に発生したデマです。

SNSの台頭で拡散しやすくなっていますからね。

これはと思われるニュースでも、ウラが取れてから信用するようにしましょう。

 

以上、東京からでした。

 

さて、あなたはどうする?
GameBook.xyzへもどる→1
Googleへ行く→14