幻想迷宮書店さんとFT書房さんのサイトにWikipediaからのリンクを修正してみた

こんにちは。

あるいはこんばんは。

ゲームブック総合サイトの管理者です。

今回はゲームブックのプロモーションについて触れていきたいと思います。

Google検索

SNSがお流行りですので、今は検索といえばTwitterなどで行うのが一般的でしょう。

それでもGoogleがあれだけ巨大になったのは検索エンジンによる広告収入。

いまでも影響力は甚大です。

そこで「ゲームブック」でググりますと下記のようになります。

PC

このように、ゲームの本と言った項目が現れ、往年のゲームブックが候補に現れます。

検索トップとしてはWikipediaが鎮座しています。

iPhone

画面の小さいスマホで、PC同様に往年の名作がリストに現れた上に、広告としてアスカが表紙の碇シンジ育成計画って……。

シークレットモードで検索してるのに筆者の嗜好が読まれているようで怖いです。

スクロールするとやっぱりWikipediaが検索トップに躍り出ます。

iPad

こちらも大方PCと同等。

Wikipediaさんが検索ではトップですね。

Amazonのゲームブック売れ筋ランクが表示されるのはいいとして、ゲームブックではない書籍がリストされているのは由々しき事態。

Wikipedia

Animation: SunnyChow, Wikipedia-Logo: Wikimedia Foundation

擬人化するとウィキペたんとして世界にもその名を知られるほど人気者のWikipediaですが、情報の信憑性は疑わしいものも多く、大学のリポートでの引用は禁じられているところもあるほどです。

とは言え影響力は甚大ですし、筆者も寄付金払ってないのに気づけば熟読に時間を費やすこともしばしばです。

先程述べたように、ゲームブックのキーワードでググると検索では常に1位。

画面が小さいのでスクロールしないと見えませんでしたが、iPhoneでもWikipediaが検索トップでした。

では早速Wikipediaのゲームブックの項目を確認してみましょう。

21世紀の項目の中で、下記文章が追記されていました。

2016年3月、幻想迷宮書店がAmazon Kindle版のゲームブックの配信をはじめ、2020年においても活動を続けている。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%83%96%E3%83%83%E3%82%AF

幻想迷宮書店さん

幻想迷宮書店さんにWikipediaページ内リンクが張られているんですね。

Wikipediaの独立した幻想迷宮書店さんのページがいつの間にか出来ていました。

これはいい傾向ですね。

その反面、Wikipediaのゲームブックの項目の外部リンクに幻想迷宮書店さんがないので、ここにもリンクを張ったほうがサイトへ誘引しやすくなるのではないでしょうかね。

張っとくか……。

FT書房さん

その一方で、FT書房さんは外部リンクが張られていますが、確かURL変わりましたよね?

試しにリンクをクリックすると、全く別のサイトへたどり着きました。

何このサイト?

リンクの張り直しをするとしますか。

あとは可能ならFT書房さんのwikiのページを作ったほうが良いでしょうね。

ただ筆者もWikipediaの編集はしたことがないので、ちょっと今回は保留にしておきます。

間違った情報を書くわけにも行きませんしね。

GameBook.xyz?

筆者の管理するサイトなのですが……。

どなたか外部リンクを作成してくださっていたのですね?

ありがとうございます。

細かいところですが、httpからhttpsに、投稿サイトから総合サイトに変わったのでその辺修正します。

まあー、自分で自分のサイトの項目を修正するのってホントはあんまり良くないらしいんですけどね。

でも正しい情報を載せることが一番だと思いますので、ちょっとだし手直ししました。

まとめ

そんな感じでPVの多いサイトからリンクを張っておくと、読者は容易に幻想迷宮書店さんやFT書房さんの作品を容易に知ることが出来ます。

検索エンジンでも被リンクサイトもつられて上位表示に有利と言う話もありますしね。

これで少しでもゲームブックって懐かしいけど今は売ってないもんな、と言う層に届けば良いと思います。

皆様もTwitterやfacebook、LINE、口コミ、その他の手段でゲームブックは健在であることをお広め下さい。

FT書房公式HP(ゲームブック制作)

FT書房はゲームブックを中心に、書籍のカタチをしたゲームを制作する出版社/創作集団です。 リーダーは杉本=ヨハネ。執筆者にロア・スペイダー、清水龍之介、丹野佑、山…

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA