金正恩党委員長もゲームブック好きでイアン・リビングストン先生のファンだと判明

こんにちは。

ネットがあると世界中の情報を入手できますが、今私は青天の霹靂とも言うべき事態にショックを受けております。

実はですね、表題の通り、あの、全体朝鮮人民の最高代表者であり、共和国の最高領導者であらせられる金正恩党委員長が、ゲームブック好きで、しかもイアン・リビングストン先生のファンであるということが判明したのですよ。

先生のTweet

確認のTweetを御覧ください。

お分かりいただけただろうか?

いやだから、この画像なんですけど、英語版なんですけどファイティング・ファンタジーシリーズのゲームブック17冊なんですよ。

そこまできちんと揃えるとは……!

筆者なんてファイティング・ファンタジーシリーズでさえ8冊しか持ってなかったのに。

しかも7巻の”Island of the Lizard King”、日本名「トカゲ王の島」に至っては2冊重複して所有しているじゃないすか……!

もしかしてゲームブックのプレイに興じすぎてボロボロになったから、あるいはその対処のために2冊買っているとか、ですかね……?(ちょっと黄色いのもポイントです)

それで当のイアン・リビングストン先生のTweetは

彼がファンだっただなんて知らなかったぜぇ👍

って絵文字付きで!(筆者の英検2級レベルの学力で意訳)

いやもう、党委員長、それならそうと早く言ってくださいよ!

となればまあ、いろいろな憶測や情報が錯綜していますが、北朝鮮ではゲームブックも党幹部の嗜みとして認められているということでしょう。

ゲームブック再興の日も近い、かな??

これ献本しないと

党委員長がファンだっていうんなら、これを献本してみたいですよね。

イアン・リビングストン先生の名作、Deathtrap Dungeon日本語版です!

原作はこれだったんですが。

どこをどうやったら少女化萌え化しちゃうんだろうかと先生も思わず

Huh???

と嘆いていたのが今でも忘れられずにおります。

まあでも、筆者は3年近く秋葉原に出張で出たり入ったりする生活を送っていたのでこれがデフォルトだとしか、もう思えなくてですね。

別にいいじゃん、とさえ思っていますよごめんなさい。

大変失礼しました。

コメントする

CAPTCHA